【Androidスマホ】ロックがかかるまでの時間を変更する方法

スポンサーリンク


この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、ロックがかかるまでの時間を変更する方法についてくわしく解説します。

そもそもAndroidスマホにおけるロックとはどういう状態なのか?

ロックがかかるまでの時間を変更する方法を確認する前に、念のため、「そもそもAndroidスマホにおけるロックとはどういう状態なのか?」について、おさらいしておきましょう。(「そんなことは言われなくてもわかっているよ」という場合は、この部分を読み飛ばして、「ロックがかかるまでの時間を変更する方法」のところを読んでみてください)

Androidスマホでは、一定時間操作を行わないと自動的に画面消灯されます。(画面消灯とは、文字通りAndroidスマホの液晶画面が消灯されて、何も表示されない状態のことです)

画面消灯してから、さらに一定時間操作を行わないと、自動的にロックがかかります。(画面消灯されたあとでも、ロックがかかっていない設定であれば、画面をタップすることで元の状態にもどることができます)

Androidスマホにロックがかかると、再び操作を行うために、「パターン入力」、「PIN入力」、「パスワード入力」、「生体認証」、「指紋認証」などを行い、ロックを解除しなければなりません。(ロックが設定されていない場合は、これらの入力が不要となり、ロックがかからない、もしくはスワイプなどのかんたんな操作のみで通常の画面にもどることができます)

Androidスマホにおけるロックとは、他人が勝手にAndroidスマホを操作できない、覗き見できない状態にすることと理解しておけばいいでしょう。

ロックがかかるまでの時間についてはどの程度の間隔で変更できる?

Androidスマホでは、「設定」からロックがかかるまでの時間を変更することができるようになっています。

ロックがかかるまでの具体的な時間については、画面消灯してから、

  • すぐ
  • 5秒
  • 15秒
  • 30秒
  • 1分
  • 2分
  • 5分
  • 10分
  • 30分

の9つから選択することが可能となっています。(Androidスマホの機種やOSのバージョンによっては、上記以外の選択肢が用意されているものもあります)

Androidスマホでは、上記のようにロックがかかるまでの時間をかなり細かく設定できるようになっています。

バッテリー持ちや自分の使いやすさなどを考慮して設定するようにしてみてください。

ロックがかかるまでの時間を変更する方法

ロックがかかるまでの時間を変更するには、

ロックがかかるまでの時間

「設定」をタップします。(「設定」は、上記のような歯車のアイコンです。「ホーム」画面か「アプリの一覧」画面にあります)

ロックがかかるまでの時間2

「設定」画面が表示されるので、「セキュリティ」をタップします。

ロックがかかるまでの時間3

「セキュリティ」の画面が表示されるので、「画面ロック」の右側にある「歯車」のアイコンをタップします。

ロックがかかるまでの時間5

「画面ロック」の画面が表示されるので、「画面消灯後からロックまでの時間」をタップします。

ロックがかかるまでの時間6

「画面消灯後からロックまでの時間」をタップすると、上記のような「メニュー」が表示され、ロックがかかるまでの時間を変更することができます。

まとめ

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、ロックがかかるまでの時間を変更する方法についてくわしく解説してみました。

この記事の内容をまとめてみると、

  • Androidスマホにおけるロックとは、他人が勝手にAndroidスマホを操作できない、覗き見できない状態にすることである。
  • ロックがかかるまでの時間については、具体的に9つの選択肢が用意されている。
  • ロックがかかるまでの時間を変更するには、「設定」→「セキュリティ」→「画面ロック」の右側にある「歯車」のアイコン→「画面消灯後からロックまでの時間」→表示される「メニュー」から選択と操作する。

となります。

Androidスマホでは、かんたんにロックがかかるまでの時間を変更することができます。

ぜひこの記事を参考にして、自分の使いやすいよう、ロックがかかるまでの時間を変更してみてください。

関連記事

参考

 

この記事を書いた人
筑波 遼(つくば りょう)

ガジェットをこよなく愛するフリーランスのエンジニア。できるだけわかりやすく、かんたんに解説するようにしています。

スポンサーリンク