【Androidスマホ】スリープ状態に移行するまでの時間はどのくらいが適切なのか?

スリープ状態
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、スリープ状態に移行するまでの時間はどのくらいが適切なのか?という疑問に対して詳しく解説します。

なお、記事の中ではGoogle Pixel 3aを使用して説明を行っています。

Androidスマホは各メーカーにより独自にカスタマイズされていることが多く、お使いのAndroidスマホによっては、この記事で紹介している項目名・メニュー名やそれらがある場所・画面デザインなどが違う場合があることをご了承ください。

Androidスマホのスリープ機能とは?

Androidスマホでは、一定時間操作を行わないと自動的に画面が消灯し、スリープ状態に移行します。

これは、無駄なバッテリー消費を抑えてくれるための機能です。

便利な機能である反面、スリープ状態に移行するまでの時間を短過ぎると、使い勝手が悪くなってしまうというデメリットもあります。(長い文章を読んでいる途中に、画面が消灯してしまうなど)

スリープ状態に移行するまでの時間はどのくらいが適切なのか?

それでは、スリープ状態に移行するまでの時間はどのくらいが適切なんでしょうか?

どのくらいの時間が適切なのかは、利用している人によって異なります。

利用している人が不便に感じない程度の時間の長さ、無駄なバッテリー消費が抑えられる程度の時間の短さ、これらの2つの点が両立できるくらいの時間設定が適切です。

あまりにも長すぎる時間設定は避けるべき

Androidスマホでは、スリープ状態に移行するまでの時間を「10分」とか「30分」といった非常に長い時間に設定することもできます。

長い時間に設定しておくと、スリープ状態に移行する頻度が少なくなり、使いやすくなるメリットがあります。

しかし、「10分」とか「30分」といった非常に長い時間スリープ状態に移行しない・・・つまりはディスプレイが長時間表示されたままだと、バッテリー消費が非常に大きくなってしまいます。

あまりにも長すぎる時間設定は、絶対に避けましょう。

Androidスマホでスリープ状態に移行するまでの時間を設定する方法

Androidスマホで、スリープ状態に移行するまでの時間を設定するには、

スリープ2

Androidスマホの「ホーム」画面を開き、画面を下から上に2回スワイプします。

スリープ3

「アプリの一覧」画面が表示されるので、「設定」をタップします。(「設定」が「ホーム」画面にある場合は、「ホーム」画面からタップしてください)

スリープ5

「設定」画面が表示されるので、「ディスプレイ」をタップします。

スリープ6

「ディスプレイ」画面が表示されるので、「詳細設定」をタップします。

スリープ7

「詳細設定」をタップすると、上記のように「ディスプレイ」画面に表示される項目が多くなります。

ここで、「スリープ」をタップします。

スリープ8

「スリープ」をタップすると、上記のように「メニュー」が表示され、スリープ状態に移行するまでの時間を、

  • 15秒
  • 30秒
  • 1分
  • 2分
  • 5分
  • 10分
  • 30分

の中から選択できるようになります。(希望する時間をタップすると、設定完了です)

まとめ

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、スリープ状態に移行するまでの時間はどのくらいが適切なのか?という疑問に対して詳しく解説してみました。

すでに述べた通り、人によってスリープまでの適切な時間は異なります。

利用していて不便に感じない点と無駄なバッテリー消費が抑えられる点が両立できるくらいの時間に設定するようにしてください。

関連記事

バッテリーの残量

【Androidスマホ】バッテリーの残量を数値(%)で表示する方法

2019年8月20日
自動消灯

【Androidスマホ】画面がすぐに消えてしまう場合の対処法

2019年3月22日
スリープ

【Androidスマホ】スリープまでの時間を設定する方法

2018年5月2日

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク