【Androidスマホ】ジェスチャーナビゲーションの設定方法

ジェスチャーナビゲーション

スポンサーリンク


この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、ジェスチャーナビゲーションの設定方法をくわしく解説します。

ジェスチャーナビゲーションに設定する方法

ナビゲーションバーをジェスチャーナビゲーションに設定するには、

ジェスチャーナビゲーション2

「設定」をタップします。

ジェスチャーナビゲーション3

「設定」画面が表示されるので、「システム」をタップします。

ジェスチャーナビゲーション5

「システム」の画面が表示されるので、「ジェスチャー」をタップします。

ジェスチャーナビゲーション6

「ジェスチャー」の画面が表示されるので、「システム ナビゲーション」をタップします。

ジェスチャーナビゲーション7

「システム ナビゲーション」の画面が表示されるので、「ジェスチャーナビゲーション」をタップします。

ジェスチャーナビゲーション9

これでナビゲーションバーが、ジェスチャーナビゲーションに設定されました。

ジェスチャーナビゲーション10

画面下部にあるナビゲーションバーがジェスチャーナビゲーションに変更されているを確認しましょう。(ジェスチャーナビゲーションは、上記のようにナビゲーションバーが非表示になります)

ジェスチャーナビゲーションの長所と短所

ジェスチャーナビゲーションは、

  • 画面をスワイプするだけなので、かんたんに操作できる。
  • 片手だけで操作できる。

などの長所があります。

スワイプだけで操作できるという点が秀逸で、慣れてくると直感的に使うことができます

逆に短所としては、

  • 人によっては、慣れるまでちょっと使いづらい。

という点があります。

スワイプして操作すること自体が苦手だという場合は、元のナビゲーションバーにもどした方がいいでしょう。

ジェスチャーナビゲーションから元のナビゲーションバーにもどす方法

ジェスチャーナビゲーションから元のナビゲーションバーにもどすには、

ジェスチャーナビゲーション14

「システムナビゲーション」の画面を表示します。

この画面で、

  • 2ボタン ナビゲーション
  • 3ボタン ナビゲーション

をタップすると、元のナビゲーションバーにもどすことができます。

自分が使っていた元のナビゲーションバーが、「2ボタン ナビゲーション」と「3ボタン ナビゲーション」のどちらなのかわからない場合は、下記で確認してください。

2ボタン ナビゲーション

ジェスチャーナビゲーション11

こちらが、「2ボタン ナビゲーション」です。

画面下部にある「ナビゲーションバー」には1つのボタンしか表示されませんが、操作を行っていくと「バック」ボタンが表示されるようになるため、実質2ボタンとなっています。

3ボタン ナビゲーション

ジェスチャーナビゲーション12

こちらが、「3ボタン ナビゲーション」です。

画面下部にある「ナビゲーションバー」には、文字通り、「バック」、「ホーム」、「タスク」の3つのボタンが表示されます。

まとめ

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、ジェスチャーナビゲーションの設定方法をくわしく解説してみました。

まとめてみると、

  • ジェスチャーナビゲーションに設定するには、「設定」から5ステップで行うことができる。
  • ジェスチャーナビゲーションには、スワイプのみ、片手のみで操作できる長所がある。
  • 人によっては、慣れるまでちょっと使いづらい場合もある。
  • 「設定」から、元のナビゲーションバーにもどすことができる。

となります。

関連記事

 

この記事を書いた人
筑波 遼(つくば りょう)

ガジェットをこよなく愛するフリーランスのエンジニア。できるだけわかりやすく、かんたんに解説するようにしています。

スポンサーリンク