【Androidスマホ】位置情報が勝手にオフになってしまう場合の対処法

位置情報が勝手にオフになってしまう

スポンサーリンク


この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、位置情報が勝手にオフになってしまう場合の対処法についてくわしく解説します。

位置情報が勝手にオフになってしまう原因は?

Androidスマホの位置情報が勝手にオフになってしまう原因としては、

  • 誤って、Androidスマホの位置情報をオフにしてしまっている。
  • Androidスマホ自体に不具合が生じている。
  • 利用しているアプリが、Androidスマホの位置情報を取得できていない。

などが考えられます。

どの原因によって位置情報が勝手にオフになってしまうのかを特定するのは難しいため、以下の対処法をやりやすいものから試してみてください。

位置情報が勝手にオフになってしまう場合の対処法

まずはAndroidスマホの位置情報がきちんとオンになっているか確認する

気がつかないうちに、誤ってAndroidスマホの位置情報をオフにしてしまっている可能性があります。

まずは、Androidスマホの位置情報がきちんとオンになっているのか確認しましょう。

Androidスマホの位置情報がきちんとオンになっているのか確認するには、

クイック設定

画面を上から下に2回スワイプします。(画面を上から下に1回だけスワイプした場合は、「クイック設定」が小さく表示されます)

クイック設定2

画面を上から下に2回スワイプすると、「クイック設定」が大きく表示されるので、「位置情報」のアイコンを探してください。(「クイック設定」を表示してみても、「位置情報」のアイコンが見つからない場合は、「クイック設定」を右から左にスワイプしてみてください。「クイック設定」を右から左にスワイプすることで、「クイック設定」のページを切り替えることができます。切り替えたページから、「位置情報」のアイコンを探してみてください)

「位置情報」のアイコンを見つけたら、きちんとオンになっているのか確認しましょう。

上記のように「位置情報」のアイコンに色がついていない状態だと、Androidスマホの位置情報がきちんとオンになっていません。

クイック設定3

「位置情報」のアイコンをタップして、Androidスマホの位置情報をオンにしましょう。

ちなみに、「クイック設定」内から「位置情報」のアイコンが見つからない場合は、

クイック設定5

「クイック設定」の左下にある「えんぴつ」のアイコンをタップします。

クイック設定6

「クイック設定の編集」画面が表示されるので、画面の下部から「位置情報」のアイコンを探して、画面の上部にドラッグします。

クイック設定7

「位置情報」のアイコンを画面の上部にドラッグしたら、画面の左上にある「←」をタップして「クイック設定」に戻ります。

クイック設定8

これで、「クイック設定」に「位置情報」のアイコンが追加されます。

Androidスマホを再起動する

Androidスマホ自体に不具合が生じていて、位置情報が勝手にオフになってしまっている可能性があります。

Androidスマホ自体に不具合が生じている場合は、端末の再起動が効果的です。

Androidスマホを再起動してみましょう。

Androidスマホを再起動させるには、端末の側面にある「電源ボタン」を長押しします。

再起動

「電源ボタン」を長押しして、画面が変化したら「再起動」をタップします。(「電源ボタン」を長押しして変化する画面は、Androidスマホの機種やOSのバージョンによって異なりますが、とりあえず「再起動」というところをタップすればOKです)

「再起動」をタップすると、自動的に端末の電源が切れ、その後に再起動されます。

利用しているアプリの権限を確認する

Androidスマホでは、アプリごとに位置情報を使用することができるよう、権限を許可する仕組みになっています。

Androidスマホの位置情報がオンになっていても、利用しているアプリが権限を許可していない場合は、位置情報を使用することができません。

念のため、利用しているアプリの権限を確認しましょう。

利用しているアプリの権限を確認するには、

位置情報の使用

「設定」をタップします。(「設定」は、上記のような歯車の形のアイコンです。「ホーム」画面か「アプリの一覧」画面にあります)

位置情報の使用2

「設定」画面が表示されるので、「アプリと通知」をタップします。

位置情報の使用3

「アプリと通知」の画面が表示されるので、「〇〇個のアプリをすべて表示」をタップします。

位置情報の使用5

「アプリ情報」の画面が表示されるので、「位置情報を使用できる権限が許可されているのを確認したいアプリ」をタップします。(ここでは例として、「Yahoo!天気」アプリを見ていきましょう)

位置情報の使用6

「Yahoo!天気のアプリ情報」の画面が表示されるので、「権限」をタップします。

位置情報の使用7

「Yahoo!天気のアプリの権限」の画面が表示されます。

この画面で、アプリが位置情報を使用することができるのか、権限を確認することができます。

上記のように「位置情報」が「許可しない」のところにある場合は、アプリに位置情報を使用することができるよう、権限を許可されていません。

こういった場合は、「位置情報」をタップしてください。

位置情報の使用8

「位置情報の権限」の画面が表示されるので、「アプリの使用中のみ許可」をタップします。

位置情報の使用9

「アプリの使用中のみ許可」をタップすると、該当するアプリに位置情報を使用することができるよう、権限が許可されます。

位置情報の使用11

アプリを利用してみると、位置情報が使用できるようになっているはずなので、確認してみましょう。

まとめ

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、位置情報が勝手にオフになってしまう場合の対処法についてくわしく解説してみました。

この記事の内容をまとめてみると、

  • Androidスマホの位置情報が勝手にオフになってしまう原因は数多くあり、どの原因によって位置情報が勝手にオフになってしまうのかを特定するのは難しいため、やりやすい対処法から試してみるべき。
  • Androidスマホの位置情報がきちんとオンになっているかを確認する。
  • 「クイック設定」を表示してみても「位置情報」のアイコンが見つからない場合は、「クイック設定」を右から左にスワイプして、「位置情報」のアイコンを探す。
  • 「クイック設定」内から「位置情報」のアイコンが見つからない場合は、「編集」画面から「位置情報」のアイコンを追加する。
  • Androidスマホを再起動する。
  • 念のため、利用しているアプリの権限を確認する。

となります。

ぜひこの記事を参考にして、位置情報が勝手にオフになってしまう状態を改善してみてください。

関連記事

参考

 

この記事を書いた人
筑波 遼(つくば りょう)

ガジェットをこよなく愛するフリーランスのエンジニア。できるだけわかりやすく、かんたんに解説するようにしています。

スポンサーリンク