「このツイートは、不適切な内容が含まれている可能性があるため表示できません」と表示された場合の対処法

驚く
スポンサーリンク



スポンサーリンク



ツイッターを見ていると、「このツイートは、不適切な内容が含まれている可能性があるため表示できません」と表示され、ツイートが読めない場合があります。

この記事では、「このツイートは、不適切な内容が含まれている可能性があるため表示できません」と表示された場合の対処法を詳しく解説します。

「このツイートは、不適切な内容が含まれている可能性があるため表示できません」と表示され、ツイートが読めない

Twitterでツイートを読んでいると、「このツイートは、不適切な内容が含まれている可能性があるため表示できません」と表示され、ツイートが読めないものがあります。

不適切2

上記のような感じですね。

不適切な内容が含まれている可能性があるけど、見る見ないはユーザーの判断に任せますというタイプでなく、表示できませんと見られないようになっています。

ツイートを表示させるようなボタンも見当たりません。

英語で「This Tweet is not available because it includes potentially sensitive content.」と表示される場合もあります。(直訳すると「このツイートは、不適切な内容が含まれている可能性があるため表示できません」とほぼ同じ内容です)

ツイートを読めるようにする方法

「このツイートは、不適切な内容が含まれている可能性があるため表示できません」と表示されている場合、ツイートを読めるようにするには、

不適切3

「このツイートは、不適切な内容が含まれている可能性があるため表示できません」と表示されている部分をタップします。

不適切5

「このツイートは、不適切な内容が含まれている可能性があるため表示できません」と表示された部分をタップすると、上記のような表示に切り替わります。

不適切な内容が含まれている可能性のあるツイートです

表示するには、不適切な内容のメディアに関する設定を変更します。これは、アカウントの[プライバシーとセキュリティ]設定の[セキュリティ]セクションにあります

設定を変更

と表示が切り替わるので、一番下の「設定を変更」をタップします。

不適切6

「設定を変更」をタップすると、ブラウザでTwitter(https://mobile.twitter.com)が開かれ、「プライバシーとセキュリティ」の設定画面が表示されます。

「プライバシーとセキュリティ」の設定画面が表示されたら、画面を下にスクロールしてください。

不適切7

セキュリティの項目にある「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」というところを確認してください。

不適切8

「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」の右側にある「」をタップすると「レ点」が付きます。

上記のように「レ点」が付いた状態になると、「このツイートは、不適切な内容が含まれている可能性があるため表示できません」と表示されていたツイートを見られるようになります。

「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」となっていますが、画像や動画だけでなくツイートもきちんと見られるようになります。

設定する場合の注意点

「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」の設定を変更するには、Twitterの公式アプリではなく、ブラウザでTwitter(https://mobile.twitter.com)にログインする必要があります。(Twitterの公式アプリからは設定できないため)

「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」の設定を変更するには、面倒でも必ずブラウザからTwitterにログインするようにしてください。

関連記事

ツイート

「このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません」と表示された場合の対処法

2018年10月6日
スポンサーリンク



スポンサーリンク