【Vysor】スマホの画面をPCにミラーリングする方法

ミラー1

スポンサーリンク


ブログでスマホの画面の画像を使おうと、スマホの画面をパソコンでミラーリングできるアプリをいろいろと試してみました。

一通り試してみた結果、使いやすさなどを考慮して、Vysorを使っています。

Vysorの長所は、

  • 設定が簡単にできる
  • 使いやすい
  • 動作が安定している

の3つの点です。

特に設定が簡単である点は、かなりおすすめです。

設定さえ済めば、スマホをUSBケーブルでパソコンに接続するだけで、自動的にミラーリングしてくれます。

スマホやパソコンでアプリを起動させたり、アプリにパスワードを入力するなどの面倒な手間はかかりません。

とても使いやすいアプリといえます。

この記事では、Vysorの設定から使い方までをくわしく解説します。

Vysorの設定をする前に準備しておくこと

Vysorは、ブラウザアプリであるGoogle Chrome(グーグルクローム)の機能を拡張してくれるアプリなので、パソコンでGoogle Chromeを使っていない場合は、事前にダウンロードしておく必要があります。(スマホの画面をパソコンにミラーリングするのが目的のため、Google Chromeのダウンロードが必要なのは、パソコンのほうだけです)

Google Chromeのダウンロード

また、スマホとパソコンを接続するUSBケーブルも必要です。

ミラーリングアプリには、ケーブルなどを必要とせず、ワイヤレスでミラーリングできるものもあります。

しかし、個人的には安定して動作する点を考慮すれば、Vysor+USBケーブルでスマホとPCを接続して使う方法をおすすめします。

ワイヤレスでミラーリングしたいという場合は、こちらの記事をどうぞ。

パソコン側の設定

まずはVysorをダウンロードして、Google Chromeに追加してください。

ミラー2

次に「Universal Windows ADB Driver」というドライバをパソコンにダウンロードします。

ミラー3

ちょっと小さくてわかりにくいんですが、上記の「here」のところをクリックして、ドライバをインストールしてください。

このドライバを使って、スマホとパソコンの間で、データのやり取りを行います。

スマホ側の設定

スマホのほうは、アプリやドライバなどをインストールする必要はありません。

スマホ側の設定は、USBデバックモードを有効にするだけです。

ミラー5

まずは「設定」をタップします。

ミラー6

「設定」画面を開いたら、「端末情報」を探してタップします。(機種によって配置場所が違うので注意してください)

ミラー7

「端末情報」の画面を開いたら、「ビルド番号」を探してください。

「ビルド番号」を確認したら、それを7回タップします。

「これでデベロッパーになりました!」という表示がでたら、「設定」画面に戻ります。

ミラー8

「開発者向けオプション」が表示されるようになっているので、これをタップします。

ミラー9

「開発者向けオプション」画面が表示されるので、「USBデバッグ」をオンにします。

これで、スマホ側の設定も終了です。

上記で解説した開発者向けオプションやUSBデバッグの詳細については、こちらの記事をどうぞ。

実際にミラーリングしてみる

スマホ(Android OSバージョン6.0以降)+パソコン(Windows10)の組み合わせだと、USBケーブルで接続した時点で、Vysorがスマホを自動的に認識してくれます。

接続すると、接続する状態を選択する表示が出ます。

ミラー10
  • 充電のみ
  • ファイルの転送(MTP)
  • MIDI
  • USBテザリング

の4点が選択できるので、ミラーリングする場合は「ファイルの転送(MTP)」を選びます。

スマホとパソコンの接続がうまくいかない場合は?

スマホとパソコンをUSBケーブルでつないでみても、パソコン側にスマホが認識されない場合があるようです。

対策としては、パソコン側のVysorがスマホをきちんと認識できるようにすることが大切です。

  • まずはスマホの電源がきちんと入っているかどうか確認し、ロック画面を解除します。
  • USBケーブルを最初にスマホに接続してから、パソコンに接続します。

スマホとパソコンの接続がうまくいかない場合は、上記の2点を試してみてください。

また、カスタマイズされたAndroidスマホの一部では、Vysorが使えないようです。

どうやってもスマホとパソコンの接続がうまくいかない場合は、こちらの記事を参考にしてみてください。

まとめ

vysorのまとめ

上記のように、スマホの画面をパソコンにミラーリングできたでしょうか?

Vysorを使うには、

  • 事前の準備として、パソコンにブラウザアプリのGoogle Chromeをダウンロードしておく。
  • パソコン側の設定として、拡張アプリのVysorとどドライバのUniversal Windows ADB Driverをダウンロードする。
  • スマホ側の設定として、USBデバックモードを有効にする。
  • 最後に、スマホとパソコンをUSBケーブルでつないで、実際にミラーリングできるか確認する。

の4ステップが必要です。

この記事を確認しながら、間違いがないようにじっくりと設定を行ってみてください。

また、Vysorはパソコンからスマホを操作することもできるので、ぜひ試してみてください。

関連記事

 

この記事を書いた人
筑波 遼(つくば りょう)

ガジェットをこよなく愛するフリーランスのエンジニア。できるだけわかりやすく、かんたんに解説するようにしています。

スポンサーリンク