【Androidスマホ】画面の明るさを調整する方法

明るさ
スポンサーリンク



スポンサーリンク



Androidスマホで画面の明るさを調整する場合には、手動で明るさを調整する方法と自動的に明るさを調整するように設定しておく方法の2つがあります。

この記事では、手動で明るさを調整する方法と自動的に明るさを調整する方法について詳しく解説します。

なお、記事の中ではXperia X Performanceを使用して説明を行っています。

Androidスマホは各メーカーにより独自にカスタマイズされていることが多く、お使いのAndroidスマホによっては、この記事で紹介している項目名・メニュー名やそれらがある場所・画面デザインなどが違う場合があることをご了承ください。

手動で明るさを調整する方法

手動で画面の明るさを調整するには、

明るさ2

スマホの「ホーム」画面を、上から下にスワイプします。

明るさ3

アプリの一覧が表示されるので、「設定(歯車のアイコン)」をタップします。(機種によっては設定がホーム画面にある場合があります)

明るさ5

「設定」画面が表示されるので、「画面設定」をタップします。

明るさ6

「画面設定」が表示されるので、「明るさのレベル」をタップします。

明るさ7

「明るさのレベル」をタップすると、画面上部に「スライダー」が表示されます。

この「スライダー」を使い、手動で画面の明るさを調節することができます。

「スライダー」を右側にドラッグすると画面が明るくなり、左側にドラッグすると画面が暗くなります。

自動的に明るさを調整するように設定しておく方法

自動的に明るさを調整するように設定しておくには、

明るさ8

「画面設定」で、「明るさのレベル」の下にある「明るさの自動調整」をタップすると、自動的に明るさを調整するように設定されます。

手動で明るさを調節する場合のメリットとデメリット

手動でスマホの画面の明るさを調節するメリットは、自分のちょうど良い明るさにきちんと調節できることです。

明るさを自動調節するように設定すると、

  • 夜中に真っ暗なところでスマホの画面を見たけど、暗くて見にくい。
  • 昼間に太陽が眩しいところでスマホの画面を見たけど、明る過ぎて見にくい。
  • スマホの画面を見るたびに明るさが違うので、目が疲れる。

など、あくまでスマホ側が自動的に明るさを調整してくれるのであって、人によっては快適に見ることができなくなる可能性があります。

また、スマホはバッテリーの減りが早いという問題点がありますが、普段から画面の明るさを抑えることで、バッテリー持ちを良くすることができます。(暗くて見にくいと感じたときは、もちろん手動で明るくしてください)

デメリットとしては、スマホの画面が見にくいと感じた場合は、やはりいちいち手動で調整しなければなりません。

自動的に明るさを調整するように設定しておく場合のメリットとデメリット

自動的に明るさを調整するように設定しておく場合のメリットは、やはりいちいち手動で調整しなくても済むことです。

あまり画面の明るさに頓着しない、いちいち明るさを調整するのが面倒な人は、自動的に明るさを調整するように設定しておくべきです。

デメリットはすでに述べたように、あくまでスマホ側が自動的に明るさを調整してくれるものなので、人によっては見にくいと感じる可能性があることです。

手動で明るさを調整すべきか、自動で明るさを調整するように設定すべきか?

手動で明るさを調整するべきか、自動で明るさを調整するように設定しておくべきなのかは、人によって明るさを感じる感覚が違うため、一概にどちらが良いとは言えません。

自分自身で試してみて、見やすい、使いやすいと感じた方を使うようにしてみてください。

関連記事

暗い

【Androidスマホ】画面が暗くて見づらい場合の対処法

2019年3月19日
スポンサーリンク



スポンサーリンク