【Androidスマホ】文字の大きさを調整する方法

文字
スポンサーリンク



スポンサーリンク



Androidスマホを利用していて、文字が小さすぎて読みにくい、もしくは文字が大きすぎて読みにくいなどの場合、文字の大きさを調整して見やすくすることができます。

この記事では、Androidスマホで文字の大きさを調整する方法を詳しく解説します。

なお、記事の中ではXperia X Performanceを使用して説明を行っています。

Androidスマホは各メーカーにより独自にカスタマイズされていることが多く、お使いのAndroidスマホによっては、この記事で紹介している項目名・メニュー名やそれらがある場所・画面デザインなどが違う場合があることをご了承ください。

Androidスマホで表示される文字の大きさを調整する方法

Androidスマホで文字の大きさを調整するには、

文字2

まずは、Androidスマホの「ホーム」画面を上から下にスワイプします。

文字3

「アプリの一覧」が表示されるので、「設定(歯車のアイコン)」をタップします。

文字5

「設定」画面が表示されるので、「画面設定」をタップします。

文字6

「画面設定」という画面が表示されるので、「フォントサイズ」をタップします。

文字7

「フォントサイズ」という画面が表示されます。

この画面で、Androidスマホの文字の大きさを調整することができます。

画面下部のスライダーをドラッグすることにより、「小」、「標準」、「大」、「特大」の4つのフォントサイズを選択することができます。

ちなみにデフォルトの状態だと、上記のように左から2番目の「標準」となっています。

どのくらいの文字の大きさなのかについては、サンプルテキストを見れば文字の大きさがわかるようになっています。(スライダーを動かすと、サンプルテキストの文字の大きさが変化するようになっています)

文字8

スライダーを一番左へドラッグすると、フォントサイズが「小」になります。

このサイズが一番小さくなります。

文字9

スライダーを左から3番目にドラッグすると、フォントサイズが「大」になります。

標準サイズよりやや大きいサイズです。

文字10

スライダーを一番右へドラッグすると、「フォントサイズ」が特大になります。

一番大きいサイズで、かなり大きく表示されます。

ウェブブラウザに表示される文字の大きさを調整する方法

設定からフォントサイズを変更することで、Androidスマホに表示される文字の大きさを調整する方法を紹介しましたが、フォントサイズを変更してもウェブブラウザで閲覧する文字の大きさには反映されません。

あくまでフォントサイズは、Androidスマホの画面上に表示される文字の大きさを調整する機能です。

ウェブブラウザで閲覧しているサイトの文字の大きさまでは変えられません。

ウェブブラウザで閲覧しているサイトの文字の大きさを調整したい場合は、ウェブブラウザの機能を使って大きさを調整することができます。

ここでは、Androidスマホで最も多く使われているウェブブラウザ「Googlechrome(グーグルクローム)」で閲覧する際に、文字の大きさを調整する方法を紹介します。

文字11

まずは「Googlechrome」を開き、画面右上の「三点アイコン」をタップします。

文字12

「三点アイコン」をタップすると、「メニュー」が表示されるので「設定」をタップします。

文字14

「Googlechromeの設定」画面が表示されるので、「ユーザー補助機能」をタップします。

文字15

「ユーザー補助機能」という画面が表示されます。

この画面の「テキストの拡大と縮小」という項目のスライダーをドラッグすることで、Googlechromeで閲覧する際の文字の大きさを調整することができます。

左側にドラッグすると文字が小さくなり、逆に右側にドラッグすると文字が大きくなるようになっています。

まとめ

Androidスマホで文字の大きさを調整する方法を詳しく解説しましたが、いかがだったでしょうか?

Androidスマホでは簡単に文字の大きさを調整できるので、ぜひ自分の見やすい大きさに調整してみてください。

関連記事

小さい

【Androidスマホ】文字が小さくて見づらい場合の対処法

2019年3月16日
スポンサーリンク



スポンサーリンク