【Androidスマホ】記号を入力する方法

記号

スポンサーリンク


この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、記号を入力する方法をくわしく解説します。

ちなみにこの記事の内では、多くのAndroidスマホでデフォルトの文字入力アプリとなっている「Gboard」を使って解説を行っています。

「Gboard」以外の文字入力アプリを使っている場合は、記号を入力する方法が異なる場合があるので、注意してください。

Androidスマホではどんな記号が入力できる?

Androidスマホでは、「仮想キーボード」を使って、数多くの記号が入力できるようになっています。(「仮想キーボード」とは、パソコンなどのような実際のキーボードではなく、端末の画面上に表示される仮想のキーボードのことです)

例えば、メールアドレスなどによく使われる「@」だったり、アメリカドルの通貨記号として使われる「$」などは、かんたんにAndroidスマホで入力することができます。

Androidスマホの「仮想キーボード」では、「記号」キーをタップして「☆」タプを利用すると、すばやく記号を入力できるようになっています。

Androidスマホで記号を入力する方法

Androidスマホで記号を入力するには、

記号

まずは「文字入力できる部分」をタップします。(上記では例として、「Googleの検索窓」をタップしていますが、「文字入力できる部分」であれば、どこでもかまいません。「文字入力できる部分」をタップすることで、「仮想キーボード」が表示されるようになります)

記号2

「文字入力できる部分」をタップすると、上記のように自動的に「仮想キーボード」が表示されます。

「仮想キーボード」が表示されたら、「記号」キーをタップします。(上記の「赤枠で囲まれた部分」のキーが、「記号」キーになります。ちょっとわかりずらいので、注意してください)

記号3

「記号」キーをタップしたら、上記のような表示に切り替わるので、「☆」タプをタップします。

記号5

「☆」タプをタップすると、「入力できる記号の一覧」が表示されます。

ここから「入力したい記号」をタップしましょう。

ちなみに「☆」タプで表示される「入力できる記号の一覧」は、上から下にスクロールすることで、用意されている全部の記号を確認できるようになっています。(入力したい記号が見当たらない場合は、「入力できる記号の一覧」を上から下にスクロールしてみてください)

記号6

試しに「@」をタップしてみます。

記号7

「@」をタップすると、きちんと「@」が入力されます。

記号8

記号の入力が終わったら、画面の左下にある「赤枠で囲まれた部分」をタップすれば、「仮想キーボード」を非表示にもどすことができます。

まとめ

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、記号を入力する方法をくわしく解説してみました。

この記事の内容をまとめてみると、

  • Androidスマホでは、「仮想キーボード」を使って、数多くの記号が入力できるようになっている。
  • Androidスマホで記号を入力するには、「文字入力できる部分」をタップ→表示される「仮想キーボード」から「記号」キーをタップ→「☆」タプをタップ→入力したい記号を選んでタップと操作する。
  • ちなみに「☆」タプで表示される「入力できる記号の一覧」は、上から下にスクロールすることで、用意されている全部の記号を確認できるようになっている。
  • 記号の入力が終わったら、画面の左下にある部分をタップすれば、「仮想キーボード」を非表示にもどすことができる。

となります。

ぜひこの記事を参考にして、Androidスマホで記号を入力するやり方を覚えてみてください。

関連記事

参考

 

この記事を書いた人
筑波 遼(つくば りょう)

ガジェットをこよなく愛するフリーランスのエンジニア。できるだけわかりやすく、かんたんに解説するようにしています。

スポンサーリンク