【Androidスマホ】アプリのアイコンを隠し、誰からも見られないよう非表示にする方法

隠す

スポンサーリンク


この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、アプリのアイコンをホーム画面から隠して、誰からも見られないよう非表示にする方法をくわしく解説します。

Androidスマホの画面を勝手に見られてしまう=プライバシーが丸見え?

現代社会ではスマートフォンが普及し、子供から大人までほとんどの人がスマートフォンを所有するようになっています。

そして、スマートフォンには数多くの個人情報が蓄積されています。

さらには、他人からスマートフォンの画面を勝手に見られてしまうリスクも高くなっています。

もはや、スマートフォンの画面を勝手に見られる=個人のプライバシーが丸見えと言っても過言ではありません。

Androidスマホでも、きちんと顔認証や指紋認証などを設定しておかないと、他人からスマホの画面を勝手に見られてしまうリスクがあります。(いちいち顔認証や指紋認証を設定するのも面倒だと考え、あえて設定しない人もいるかと思います)

特に注意したいのが、Androidスマホで使っているアプリです。

  • ゲームアプリで遊んでいることを親に知られたくない。
  • 不特定多数の人たちと知り合えるSNSを利用していることを、恋人やパートナーなどに知られたくない。
  • もういい歳なんだけど、アイドルの恋愛ゲームで遊んでいることを誰にもに知られたくない。

などの様々な理由で、Androidスマホで使っているアプリを他の人に知られたくない・・・という人もいるんじゃないかと思います。

こういった場合は、見られたくないアプリのアイコンをAndroidスマホのホーム画面から隠す(非表示にする)方法がかなり有効です。

アプリのアイコンを隠し、誰からも見られないよう非表示にする方法

Androidスマホのホーム画面からアプリのアイコンを隠し、誰からも見られないよう非表示にするには、

アプリを隠す

Androidスマホの「ホーム」画面を開き、「ホーム画面から隠したいアプリのアイコン」を長押しします。(ここでは例として、「TikTok」アプリのアイコンをホーム画面から隠してみます)

アプリを隠す2

「ホーム画面から隠したいアプリのアイコン」を長押しすると、上記のような画面に変化するので、画面の左上の「削除」までドラッグします。(ここで注意したいのが、画面の右上にある「アンインストール」です。こちらにドラッグ&ドロップしてしまうと該当するアプリ自体が端末からアンインストールされてしまいます。間違って、「アンインストール」の方にドラッグしないようにしてください)

アプリを隠す3

「削除」までドラッグしたら、指を離します。

アプリを隠す5

指を離すと、アプリのアイコンをホーム画面から隠すことができます。

ホーム画面から隠したアプリを確認する方法

ホーム画面から隠したアプリは、後から確認することができます。(あくまでホーム画面上で非表示になっているだけであり、アプリ自体はきちんと端末にインストールされています)

ホーム画面から隠したアプリを確認するには、

アプリを隠す6

Androidスマホの「ホーム」画面を下から上にスワイプします。(Androidスマホの機種によっては、「すべてのアプリを表示してくれるアイコン(いわゆるドロワー)」が備わっているものがあります。あなたのAndroidスマホに「ドロワー」がある場合は、それをタップしてみてください)

アプリを隠す11

「アプリの一覧」画面が表示され、この画面でホーム画面から隠したアプリのアイコンを確認することができます。(この画面に、あなたのAndroidスマホにインストールされているすべてのアプリのアイコンが表示されます。該当のアプリのアイコンが見つからない場合は、下にスクロールして探してみましょう)

隠したアプリのアイコンをホーム画面へ戻す方法

隠したアプリのアイコンは、当然ながらホーム画面へ戻すことができます。

隠したアプリのアイコンをホーム画面へ戻すには、

アプリを隠す7

「アプリの一覧」画面を表示して、「ホーム画面へ戻したいアプリのアイコン」を長押しします。(ここでも、例として「TikTok」アプリのアイコンをホーム画面に戻してみます)

アプリを隠す8

 

「ホーム画面へ戻したいアプリのアイコン」を長押しすると、上記のような画面に変化するので、ホーム画面の元に戻したいところまでドラッグします。

 

アプリを隠す9

ホーム画面の元に戻したいところまでドラッグしたら、指を離します。

アプリを隠す10

これで、隠したアプリのアイコンをホーム画面に戻す作業が完了です。

アンインストールできないアプリなら無効にするという手段も活用できる

無効

Androidスマホでは、「YouTube」などの一部のアプリがアンインストールできないようになっています。

そのかわり、これらのアプリは「無効にする」ことができるようになっています。

この「無効にする」という行為は、アプリのアイコンを非表示にして、アプリを文字通り無効化するものです。

ホーム画面からアプリのアイコンを隠すのと同様の効果を得ることができます。

念のため、このアプリを無効にする方法も確認しておきましょう。

アプリを無効にするには、(ここでは例として、「YouTube」アプリを無効にしてみます)

無効2

「設定」をタップします。(「設定」は、歯車の形のアイコンです。「ホーム」画面か「アプリの一覧」画面にあります。

無効3

「設定」画面が表示されるので、「アプリと通知」をタップします。

無効5

「アプリと通知」の画面が表示されるので、「〇〇個のアプリをすべて表示」をタップします。

無効6

「アプリ情報」の画面が表示されるので、「YouTube」をタップします。

無効7

「YouTubeのアプリ情報」の画面が表示されるので、「無効にする」をタップします。

無効8

「無効にする」をタップすると、

このアプリを無効にすると、Androidなどの他のアプリが正しく動作しなくなる恐れがあります。このアプリはデバイスにプリインストールされているため削除できません。無効にするには、このアプリをOFFにし、デバイスにアプリが表示されないようにします。

という「警告のメニュー」が表示されるので、「アプリを無効にする」をタップします。

無効9

これでアプリが無効になり、「ホーム」画面や「アプリの一覧」画面からアプリのアイコンが非表示になります。

無効にしたアプリを元に戻す方法

無効にしたアプリは「有効にする」ことにより、元に戻すことができます。

無効にしたアプリを元に戻すには、(ここでも例として、「YouTube」アプリを有効にして、元に戻してみます)

無効10

「YouTubeのアプリ情報」の画面が表示して、「有効にする」をタップします。

無効11

これで「YouTube」アプリが有効化され、アプリのアイコンが元通り表示されるようになります。

とてもかんたんですね。

アプリを無効にする際の注意点

アプリを無効にする際には、該当するアプリを無効にすると、Androidなどの他のアプリが正常に動作しなくなる可能性があることをメニューによって警告されます。

「このアプリのアイコンを一時的に非表示にしたい」などの明確な理由がある場合はいいのですが、特に理由もなく、アプリを無効化するのは避けた方がいいでしょう。

まとめ

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、アプリのアイコンをホーム画面から隠して、誰からも見られないよう非表示にする方法をくわしく解説してみました。

この記事の内容をまとめてみると、

  • 現代社会では、スマートフォンの画面を勝手に見られる=個人のプライバシーが丸見えと言っても過言ではない。
  • そういった場合は、見られたくないアプリのアイコンをAndroidスマホのホーム画面から隠す方法が有効である。
  • Androidスマホのホーム画面からアプリのアイコンを隠し、誰からも見られないよう非表示にするには、「該当するアプリのアイコンの長押し」→「削除へのドラッグ&ドロップ」と操作する。
  • ホーム画面から隠したアプリのアイコンは、「アプリの一覧」画面で確認することができる。
  • 隠したアプリのアイコンを元に戻すには、「アプリの一覧画面から該当するアプリのアイコンを長押し」→「ホーム画面の設置したいところへドラッグ&ドロップ」と操作する。
  • アンインストールできないアプリなら、無効にするという手段を活用することができる。
  • アプリを無効にするには、「設定」→「アプリと通知」→「〇〇個のアプリをすべて表示」→「アプリ情報」→「該当するアプリのアプリ情報」→「無効にする」と操作する。
  • 無効にしたアプリを元に戻すには、「該当するアプリのアプリ情報」→「有効にする」と操作する。
  • アプリを無効にする際は、該当するアプリを無効にすることにより、Androidなどの他のアプリが正常に動作しなくなるリスクがある点に注意する。

となります。

ぜひこの記事を参考にして、アプリのアイコンをホーム画面からうまく隠してみてください。

関連記事

参考

 

この記事を書いた人
筑波 遼(つくば りょう)

ガジェットをこよなく愛するフリーランスのエンジニア。できるだけわかりやすく、かんたんに解説するようにしています。

スポンサーリンク