【Androidスマホ】アプリが位置情報を使用するのを防ぐ方法

位置情報
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、アプリが位置情報を使用するのを防ぐ方法を詳しく解説します。

なお、記事の中ではGoogle Pixel 3aを使用して説明を行っています。

Androidスマホは各メーカーにより独自にカスタマイズされていることが多く、お使いのAndroidスマホによっては、この記事で紹介している項目名・メニュー名やそれらがある場所・画面デザインなどが違う場合があることをご了承ください。

Androidスマホにおける位置情報とは?

Androidスマホでは、GPS、Wi-Fi、モバイルネットワーク、センサーなどを利用して、端末が地球上のどこにあるのかを特定しています。

これがいわゆるAndroidスマホにおける位置情報です。

端末が地球上のどこにあるのかという位置情報は、重要な個人情報の一つであるため、アプリごとに位置情報を使用するための許可が必要となっています。

しかし多くのユーザーは、アプリをインストールする際にあまり深く考えず、位置情報を使用するための許可を与えているんじゃないでしょうか?

人によっては、「後から冷静になって考えると、安易にアプリに対して位置情報の使用を許可して大丈夫なんだろうか?」と不安に感じるかもしれません。

そういった場合は、とりあえず全てのアプリが位置情報を使用できないよう設定してみることをおすすめします。

アプリが位置情報を使用するのを防ぐ方法

アプリが位置情報を使用するのを防ぐには、

位置情報2

Androidスマホの「ホーム」画面を開き、画面を下から上に2回スワイプします。

位置情報3

「アプリの一覧」画面が表示されるので、「設定」をタップします。(「設定」が「ホーム」画面にある場合は、「ホーム」画面からタップしてください)

位置情報5

「設定」画面が表示されるので、「位置情報」をタップします。

位置情報6

「位置情報」の画面が表示されます。

この画面で、「位置情報の使用」の右側にある「スイッチ」をタップします。

位置情報7

「スイッチ」をタップすると、上記のような画面となり、全てのアプリが位置情報を使用できなくなります。

まとめ

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、アプリが位置情報を使用するのを防ぐ方法を詳しく解説してみました。

位置情報は、重要な個人情報の一つです。

不安を感じたら、この記事を参考にして、全てのアプリが位置情報を使用できないように設定してみてください。

その後に、アプリごとに信頼できるものなのかどうか検討してみることをおすすめします。

関連記事

Androidスマホの使い方の詳細については、こちらをどうぞ。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク