「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」とアナウンスが流れた場合は、着信拒否されている?

おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません

スポンサーリンク


友人や知人に電話をかけてみると、「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」というアナウンスが流れる場合があります。

1回くらいならいいとして、何度かけても「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」というアナウンスが流れると、もしかして着信拒否されてるのだろうか?と不安になってしまいますよね。

そこでこの記事では、「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」とアナウンスが流れた場合には着信拒否されているのか?という疑問についてくわしく解説します。

どういった場合にこのアナウンスが流れるのか?携帯電話会社ごとに確認してみる

おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません2

まずは、どういった場合に「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」というアナウンスが流れるのか、携帯電話会社ごとに確認してみます。

NTTドコモの場合

NTTドコモの公式サイトによると、「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」というアナウンスが流れるパターンは確認できません。

ちなみに、NTTドコモの着信拒否サービスである「迷惑電話ストップサービス」によって着信拒否された場合は、

  • 「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません」

というアナウンスが流れるようになっています。

NTTドコモの場合、「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」とアナウンスが流れるパターンは確認できず、着信拒否でもありません。

auの場合

auの公式サイトによると、2018年3月13日まではauのスマートフォンで電話がつながらない全てのパターンで、

  • 「おかけになった電話をお呼びしましたが、おつなぎできませんでした」

とアナウンスが流れる仕組みでした。

しかし一律のアナウンスでは、つながらない理由がよくわかりません。

そのため、auでは2018年3月13日以降、つながらない理由に応じて異なるアナウンスが流れるようになりました。

auでは、電話がつながらない場合を4つのパターンに分類して、以下のようなアナウンスを流しています。

  • 単に電話に出ない場合には、「おかけになった電話をお呼びしましたが、お出になりません」。
  • 電波の届かない圏外にいる、もしくは電源をオフにしている場合には、「おかけになった電話は、電波の届かない場所にある、または電源が入っていないためかかりません」。
  • 通話中の場合には、「ツー・ツー・ツー(話中音)」。
  • その他の場合には、「おかけになった電話をお呼びしましたが、おつなぎできませんでした」。

単に電話に出ない場合に「おかけになった電話をお呼びしましたが、お出になりません」とアナウンスが流れることが確認できます。

ちなみにauの着信拒否サービスである「迷惑電話撃退サービス」によって着信拒否された場合は、

  • 「おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりおつなぎできません」

というアナウンスが流れるようになっています。

auの場合、「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」とアナウンスが流れるのは、着信拒否ではなく、単に電話に出ない場合のみとなっています。

ソフトバンクの場合

ソフトバンクの公式サイトによると、「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」というアナウンスが流れるパターンは確認できません。

また、ソフトバンクの着信拒否サービス「ナンバーブロック」によって着信拒否された場合は、

  • 「こちらはソフトバンクです。おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません」
  • 「こちらはソフトバンクです。おかけになった電話番号への通話は、お客さまの申し出により現在お断りしております」
  • 「この電話はお受けできません」
  • 「この電話はお繋ぎすることができません」
  • 「この電話はお客さまのご都合によりお繋ぎできません」
  • 「せっかくお電話いただきましたが、この電話をお受けすることができません」
  • 「電話番号をお間違えではないですか?この電話はお繋ぎできません」
  • 「おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません」
  • 「This is SoftBank. By the customer’s request, this call can not be completed.」

の9つのパターンのアナウンスが流れるようになっています。(着信拒否を設定した際に、設定した人がどのアナウンスを流すのかを選ぶことができます)

ソフトバンクの場合はNTTドコモの場合と同じく、「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」とアナウンスが流れるパターンは確認できず、着信拒否でもありません。

結論から言えば着信拒否はされていない

おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません3

どういった場合に「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」というアナウンスが流れるのか、NTTドコモ、au、ソフトバンクと各携帯電話会社の公式サイトを確認してみましたが、結論から言えば、着信拒否はされていません。

「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」というアナウンスが流れるのは、auと契約しているユーザーで、単に電話に出られない場合のみです。

とりあえず、相手側から着信拒否されていないわけですから一安心ですね。

相手側がおやすみモードである可能性がある?

おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません5

電話を何度かけても「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」というアナウンスが流れる場合は、相手側のスマホがおやすみモードに設定されている可能性があります。

おやすみモードは睡眠を妨げることがないよう、睡眠時に着信などがあっても着信音などを鳴らさないようにする機能です。

おやすみモードであると、当然ながら電話に出ることができないため、auと契約しているユーザーであれば「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」というアナウンスが流れる可能性があります。

相手側がおやすみモードである可能性がある場合(深夜に電話してみたが、このアナウンスが流れる場合など)、ある程度、時間をおいてから電話をかけ直すなどしてみましょう。

相手側に着信履歴は残るのか?

おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません6

ちなみに、電話をかけて「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」というアナウンスが流れた場合は、必ず着信履歴が残ります。(おやすみモードに設定していて電話に出られなかった場合も同様に着信履歴が残ります)

  • 電話を何度もかけている。
  • おやすみモードになっている可能性を考慮して、ある程度時間をおいてから電話をかけ直している。
  • 電話を何度もかけて、かなりの長い時間待っていても反応がない。

などの場合は、相手側が着信拒否はしていないけれども、何らかの理由であなたからの電話から出られない、もしくは出たくない理由があるのかもしれません。

非通知で電話をかけてみる方法もあり

おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません7

もしかして相手側が何らかの理由であなたからの電話に出られない、もしくは出たくないと考えている心当たりがある場合は、非通知で電話をかける方法も考えてみましょう。(非通知とは、電話をかける側の電話番号を知らせずに電話をかけることです。この方法を使うことで、電話を受ける側は、誰からの電話なのかを知ることができません)

非通知で電話をかけるには、相手の電話番号の前に「184」をつけて電話をかけましょう。

どうしても電話で話したい場合などには、こういった方法もありですね。

まとめ

おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません8

この記事では、「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」とアナウンスが流れた場合には着信拒否されているのか?という疑問についてくわしく解説してみました。

「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」とアナウンスが流れるパターンは、auと契約しているユーザーが単に電話に出られないときだけです。

着信拒否されているわけではないので、自分と相手との関係性などを考慮して、時間をおいて電話をかけ直す、非通知で電話をかけてみるなどの対処をしてみてください。

関連記事

参考

 

この記事を書いた人
筑波 遼(つくば りょう)

ガジェットをこよなく愛するフリーランスのエンジニア。できるだけわかりやすく、かんたんに解説するようにしています。

スポンサーリンク