【Androidスマホ】OSのバージョンアップにおける限界とは?

バージョンアップの限界
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、OSのバージョンアップにおける限界について詳しく解説します。

なお、記事の中ではGoogle Pixel 3aを使用して説明を行っています。

Androidスマホは各メーカーにより独自にカスタマイズされていることが多く、お使いのAndroidスマホによっては、この記事で紹介している項目名・メニュー名やそれらがある場所・画面デザインなどが違う場合があることをご了承ください。

そもそもAndroidスマホのOSとは?

AndroidスマホのOSとは、Googleが提供しているもので、デバイスのオペレーション(操作・運用)を司る基本的なシステムのことです。

Androidスマホになくてはならないもので、これがなければアプリを動かすどころか、デバイスを管理することもできません。

Androidスマホにおける頭脳的な役割を果たしている重要なものだと言っていいでしょう。

使っているAndroidスマホのOSのバージョンを確認する方法

OSのバージョンアップの限界について語る前に、自分が使っているAndroidスマホのOSがどのバージョンなのか?について、きちんと確認しておきましょう。

使っているAndroidスマホのOSのバージョンを確認するには、

バージョンアップの限界2

Androidスマホの「ホーム」画面を開き、画面を下から上に2回スワイプします。

バージョンアップの限界3

「アプリの一覧」画面が表示されるので、「設定」をタップします。(「設定」が「ホーム」画面にある場合は、「ホーム」画面からタップしてください)

バージョンアップの限界5

「設定」画面が表示されるので、「システム」をタップします。

バージョンアップの限界6

「システム」の画面が表示されるので、「詳細設定」をタップします。

OSのバージョン7

 

「詳細設定」をタップすると新しい項目が表示されるので、「システムアップデート」をタップします。

バージョンアップの限界8

「システムアップデート」の画面が表示されます。

この画面で、使っているAndroidスマホのOSのバージョンを確認することができます。

さらには、画面右下の「アップデートを確認」という青いボタンをタップすると、アップデート可能なバージョンがあるのかを確認することが可能となっています。

OSのバージョンアップには限界があるのか?

結論から言えば、AndroidスマホのOSのバージョンアップには限界があります。

なぜ限界があるのかについては、二つの理由があります。(二つの理由については、根幹の部分では繋がっています)

機種が古くなるごとに新しいOSのバージョンに対応しなくなる

Androidスマホでは、機種自体が新しいOSに対応していない場合、OSのバージョンアップはできません。

AndroidスマホのOSは、バージョンアップするごとにセキュリティ面を向上させ、新たな機能を追加してくれます。

このため、デバイスのスペックに対する要求は、バージョンアップするごとにどんどん高くなってしまいます。

当然ながら、新しいOSに対応できないスペックしか持たないAndroidスマホは、新しいOSのバージョンの対応機種から外されてしまいます。

Androidスマホのスペックによる限界

使っているAndroidスマホが新しいOSのバージョンに対応していたとしても、ストレージの容量が不足している場合などは、当然ながらバージョンアップはできません。

すでに述べた通り、AndroidスマホのOSは、バージョンアップするごとにセキュリティ面を向上させ、新たな機能を追加してくれますが、その反面OSのサイズはどんどん大きくなっています。

不要なアプリなどを削除して、きちんとストレージの空き容量を確保できる場合はいいですが、どうやってもストレージの空き容量が確保できない場合はアップデートはできません。

ストレージの空き容量を増やす方法については、こちらの記事をどうぞ。

空き容量を増やす

【Androidスマホ】ストレージの空き容量を増やす方法

2019年12月19日

なんとかOSをバージョンアップさせることはできないのか?

使っているAndroidスマホが新しいOSのバージョンに対応していない、スペック的にバージョンアップが無理・・・こういった場合は、どうやっても新しいOSにバージョンアップさせることはできません。

OSのダウングレードについては、ネット上に裏技的な解説を行っているサイトがありますが(OSのダウングレードについても避けるべきです。わざわざAndroidスマホが故障してしまうリスクを抱えてまでOSをダウングレードする必要性はありません)、無理にOSをアップデートさせる裏技的な解説を行ってるサイトはありません。

Androidスマホのスペックで対応できないOSを無理にアップデートすることは、スペック的に不可能だからです。

OSのバージョンが古いままでも大丈夫なのか?

じゃあ、OSのバージョンは古いままでも大丈夫なのか?という疑問が湧いてくるかと思いますが、大丈夫です。

OSのバージョンが古いままであっても、セキュリティ面のアップデートなどは行われます。(ただし、あまりにも古いバージョンだと、Googleからのサポートが終了してしまい、セキュリティ面のアップデートなども打ち切られてしまう点には注意してください)

新しいOSによって使えるようになる便利な新機能などについては、我慢するしかありませんが・・・

どうしてもOSの最新バージョンを使いたい場合は?

どうしてもOSの最新バージョンを使いたい場合は、Androidスマホの機種変更・買い替えを行うしかありません。

注意点として、Androidスマホの機種変更・買い替えを行う場合は、きちんと新しいOSのバージョンを搭載している機種を選択してください。

契約している携帯電話会社で機種変更を行う場合は、店員に聞くか、Androidスマホの詳細な情報を確認してから機種変更を行ってください。

格安SIMを利用している場合は、Androidスマホの詳細な情報を確認してから、買い替えを行ってください。

OSのアップデートが一定期間保証されている機種がおすすめ

新しいOSのバージョンを搭載しているAndroidスマホに機種変更・買い替えを行う場合、OSのアップデートが一定期間保証されている機種を選択するのがおすすめです。

Googleが販売を行っているPixelシリーズのAndroidスマホなどでは、OSのアップデートが製品の発売から3年間保証されています。

買った直後だけでなく、一定期間最新のOSを使いたい場合は、PixelシリーズのAndroidスマホを選んでおけば安心です。

まとめ

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、OSのバージョンアップにおける限界について詳しく解説してみました。

この記事を参考にして、使っているAndroidスマホのOSがバージョンアップできるのかどうかを確認し、ダメな場合はサッサと新しいAndroidスマホに機種変更・買い替えを行ってみてください。

関連記事

Androidスマホの使い方の詳細については、こちらをどうぞ。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク