【Androidスマホ】モバイルデータ通信とは?オフにするとどうなる?

モバイルデータ通信とは

スポンサーリンク


この記事では、Androidスマホのモバイルデータ通信とは?オフにするとどうなる?という疑問について詳しく解説します。

モバイルデータ通信とは?

モバイルデータ通信とは、携帯電話会社の回線を使って、データのやりとりを行う通信のことをいいます。

具体的には、あなたが契約している携帯電話会社の回線を使って、ウェブサイトや動画を見たり、SNSに書きこむことなどができます。

音声通話との違い

携帯電話会社が提供している「モバイルデータ通信」と「音声通話」は、別々のサービスです。(メッセージアプリが提供している「無料の音声通話サービス」などは、データ通信を利用しているので誤解されがちですが)

「モバイルデータ通信」と「音声通話」の違いは、

  • モバイルデータ通信は、データのやりとりを行う通信サービス。
  • 音声通話は、音声のやりとりを行う通信サービス。

となります。

Wi-Fiとの違い

ちょっとややこしいと感じる人も多いでしょうが、「モバイルデータ通信」と「Wi-Fi」も別ものです。

「モバイルデータ通信」と「Wi-Fi」の違いは、

  • モバイルデータ通信は、携帯電話会社の回線を利用して、データのやりとりを行う通信。
  • Wi-Fiは、Wi-Fiネットワークを利用して、データのやりとりを行う通信。

となります。

それぞれにメリットがあり、

  • モバイルデータ通信は、携帯電話会社の回線を利用しているため、どこでもネットを使うことができる。
  • Wi-Fiはルーターの近くでしか利用できないが、データ使用量を気にせずにネットを使うことができる。

となっています。

ふだんはモバイルデータ通信を使い、ルーターが近くにあるときはWi-Fiを使うなど、それぞれを使いわけると便利です。

モバイルデータ通信をオフにするとどうなる?

モバイルデータ通信をオフにすると、契約している携帯電話会社の回線を使って、データをやりとりすることができなくなります。

具体的には、

  • ブラウザアプリでネットを見れなくなる。
  • ネットを介して利用できるアプリが使えなくなる。
  • メールを受信できなくなる。

などのデメリットが生じます。

かんたんにいえば、ネットに関係するサービスがまったく使えなくなるということです。

ちなみに、Wi-Fiに接続できる環境であれば、Wi-Fiネットワークからネットに関連するサービスが使えるため、上記のデメリットは生じません。

どんなときにモバイルデータ通信をオフにするといいのか?

ずばり、データ使用量を節約したい場合におすすめです。

データ使用量が契約しているデータプランの上限に近づいている・・・などの場合は、モバイルデータ通信をオフにしておき、Wi-Fiに接続できるところでネットを使うようにすると、データ使用量をおさえることができます。

モバイルデータ通信のどこでもネットを使えるというメリットは活用できなくなりますが、データ使用量をおさえるには効果的です。

モバイルデータ通信をオフにする方法

モバイルデータ通信は、「クイック設定パネル」と「設定」からオフにすることができます。

「クイック設定パネル」からオフにする方法

「クイック設定パネル」からオフにするには、

モバイルデータ通信とは2

Androidスマホの「ホーム」画面を開き、画面を上から下に2回スワイプします。

モバイルデータ通信とは3

「クイック設定パネル」が表示されるので、「モバイルデータ」のアイコンをタップします。

「モバイルデータ」のアイコンをタップすると、モバイルデータ通信がオフになります。

「設定」からオフにする方法

「設定」からオフにするには、

モバイルデータ通信とは5

「設定」をタップします。

モバイルデータ通信とは6

「設定」画面が表示されるので、「ネットワークとインターネット」をタップします。

モバイルデータ通信とは7

「ネットワークとインターネット」の画面が表示されるので、「モバイル ネットワーク」をタップします。

モバイルデータ通信とは8

「モバイル ネットワーク」の画面が表示されます。

この画面で、「モバイルデータ」の項目の右側にある「スイッチ」をタップします。

「スイッチ」をタップすると、モバイルデータ通信がオフになります。

まとめ

この記事では、Androidスマホのモバイルデータ通信とは?オフにするとどうなる?という疑問について詳しく解説してみました。

まとめてみると、

  • モバイルデータ通信とは、携帯電話会社の回線を使って、データのやりとりを行う通信のこと。
  • 「モバイルデータ通信」と「音声通話」は、別のサービス。
  • 「モバイルデータ通信」は携帯電話会社の回線、「Wi-Fi」はWi-Fiネットワークを使って、データのやりとりを行う。
  • モバイルデータ通信をオフにすると、ネットに関連するサービスがまったく使えなくなる。
  • データ使用量を節約したい場合には、モバイルデータ通信をオフにするのがおすすめ。

となります。

データ使用量をおさえたい場合は、モバイルデータ通信をオフにする方法を活用してみてください。

関連記事

 

この記事を書いた人
筑波 遼(つくば りょう)

ガジェットをこよなく愛するフリーランスのエンジニア。できるだけわかりやすく、かんたんに解説するようにしています。

スポンサーリンク