【Androidスマホ】「Chrome」のデータ通信量を削減してくれる「ライトモード」とは?

ライトモード

スポンサーリンク


この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、「Chrome」のデータ通信量を削減してくれる「ライトモード」とは?について詳しく解説します。

「ライトモード」とは?どういう効果があるのか?

「ライトモード」とはブラウザアプリ「Chrome」の機能であり、これを利用することで、

  • データ通信量を抑える。
  • ウェブサイトのページの読み込みスピードを速くする。

以上の2点のメリットがあります。

具体的には、「ライトモード」機能をオンにすることで、データ通信の一部がGoogleのサーバーを経由してAndroidスマホにダウンロードされるようになります。

ウェブサイトのページの読み込みスピードが遅い場合には、Googleのサーバーでページが軽量化され、Androidスマホにダウンロードされるデータ通信量を抑えて、なおかつ速く読み込むことができるようになります。

まさに一石二鳥というわけです。

「ライトモード」を利用する場合の注意点

家族や恋人などから、ネットの閲覧記録をチェックされないようにと、シークレットモードでプライベートブラウジングを利用しているユーザーもいるかと思います。

シークレットモードでプライベートブラウジングを行っている場合は、「ライトモード」が機能しないので注意してください。

シークレットモードでプライベートブラウジングを行う場合は、「ライトモード」がオフの状態と同じ状態になります。

ブラウザアプリ「Chrome」で「ライトモード」を設定する方法

ブラウザアプリ「Chrome」で「ライトモード」を設定するには、

ライトモード2

ブラウザアプリ「Chrome」をタップします。

ライトモード3

ブラウザアプリ「Chrome」が開くので、画面右上にある「メニュー」アイコンをタップします。

ライトモード5

「Chromeのメニュー」が表示されるので、「設定」をタップします。

ライトモード6

「Chromeの設定」画面が表示されるので、画面を下にスワイプします。

ライトモード7

画面を下にスワイプして、「ライトモード」という項目を確認してください。

「ライトモード」という項目を確認したら、これをタップします。

ライトモード8

「ライトモード」の画面が表示されるので、「オフ」の右側にある「スイッチ」をタップします。

ライトモード9

これで、「ライトモード」がオンになりました。

まとめ

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、「Chrome」のデータ通信量を削減してくれる「ライトモード」とは?について詳しく解説してみました。

「ライトモード」は、データ通信量を抑え、ウェブサイトの読み込みスピードを速くしてくれる優れた機能です。

これといったデメリットもないため、ブラウザアプリは「Chrome」を使っているというユーザーは、ぜひとも利用したい機能です。

ぜひ、この記事を参考にして、ブラウザアプリ「Chrome」で「ライトモード」を利用してみてください。

関連記事

 

この記事を書いた人
筑波 遼(つくば りょう)

ガジェットをこよなく愛するフリーランスのエンジニア。できるだけわかりやすく、かんたんに解説するようにしています。

スポンサーリンク