【Windows 10】アプリのショートカットアイコンを作成する方法

ショートカットアイコン

スポンサーリンク


この記事では、Windows 10でアプリのショートカットアイコンを作成する方法をくわしく解説します。

アプリのショートカットアイコンを作成する方法

アプリのショートカットアイコンを作成するには、(ここでは、例として「Google Chrome」のショートカットアイコンを作成しながら解説します)

ショートカットアイコン2

画面左下にある「スタート」ボタンをクリックします。

ショートカットアイコン3

「スタート」メニューが表示されるので、「アプリの一覧」から「Google Chrome」を探します。

ショートカットアイコン5

「Google Chrome」を確認したら、「スタート」メニューから「デスクトップ」画面にドラッグ&ドロップします。

ショートカットアイコン6

これで、「Google Chrome」のショートカットアイコンが作成されます。

作成したショートカットアイコンを削除する方法

作成したショートカットを削除するには、(ここでは、上記で作成した「Google Chrome」のショートカットアイコンを削除しながら解説します)

ショートカットアイコン7

「Google Chrome」のショートカットアイコンを右クリックします。

ショートカットアイコン8

「メニュー」が表示されるので、「削除」をクリックします。

ショートカットアイコン9

これで、「Google Chrome」のショートカットアイコンが削除されます。

アプリはタスクバーに「ピン留め」することもできる

アプリはデスクトップ画面にショートカットアイコンを作成するだけなく、タスクバーに「ピン留め」することもできます。

よく使うアプリについては、タスクバーに「ピン留め」しておくと便利です。

アプリをタスクバーに「ピン留め」するには、(ここでは「Firefox」をタスクバーに「ピン留め」しながら解説します)

ショートカットアイコン10

「スタート」ボタンをクリックします。

ショートカットアイコン11

「スタート」メニューが表示されるので、「アプリの一覧」から「Firefox」を探して、右クリックします。

ショートカットアイコン12

「メニュー」が表示されるので、「その他」にマウスカーソルを合わせます。

ショートカットアイコン14

「サブメニュー」が表示されるので、「タスクバーにピン留めする」をクリックします。

ショートカットアイコン15

これで、タスクバーに「Firefox」が「ピン留め」されました。

まとめ

この記事では、Windows 10でアプリのショートカットアイコンを作成する方法をくわしく解説してみました。

まとめてみると、

  • アプリのショートカットアイコンを作成するには、「スタート」→「アプリの一覧」→「アプリ」→「デスクトップ画面へドラッグ&ドロップ」と操作する。
  • アプリのショートカットアイコンを削除するには、「右クリック」→「削除」と操作する。
  • よく使うアプリについては、タスクバーに「ピン留め」しておくと便利。
  • アプリをタスクバーに「ピン留め」するには、「スタート」→「アプリの一覧」→「アプリ」→「右クリック」→「その他」→「タスクバーにピン留めする」と操作する。

となります。

関連記事

 

この記事を書いた人
筑波 遼(つくば りょう)

ガジェットをこよなく愛するフリーランスのエンジニア。できるだけわかりやすく、かんたんに解説するようにしています。

スポンサーリンク