【Androidスマホ】Chromeが更新できない場合の対処法

Chromeが更新できない

スポンサーリンク


Androidスマホで多くのユーザーに愛用されているChromeですが、新しいバージョンが公開されても、なぜかアプリを更新することができない場合があります。

Chromeを使っているユーザーにとっては、「なぜ、Chromeだけ最新のバージョンに更新できないのだろう?」、「古いバージョンのままだとセキュリティ面で大丈夫だろうか?」と不安に感じてしまいますよね。

そこでこの記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、Chromeが更新できない場合の対処法をくわしく解説します。

まずは手動でChromeを更新してみよう

新しいバージョンが公開されても、なぜかChromeを更新することができない場合、まずは手動でChromeを更新してみましょう。

手動でChromeを更新するには、

Chromeが更新できない2

「Google Play」をタップします。

Chromeが更新できない3

「Google Play」が開くので、画面左上にある「メニュー」アイコンをタップします。

Chromeが更新できない5

「Google Playのメニュー」が表示されるので、「マイアプリ&ゲーム」をタップします。

Chromeが更新できない6

「マイアプリ&ゲーム」の画面が表示されるので、「Chrome」の右側にある「更新」をタップしましょう。

これで、手動でChromeを更新することができます。

Chromeが更新できない場合の対処法

手動でChromeを更新しようとしてもできない場合は、以下の対処法を試してみてください。

Google PlayストアのChromeのページから更新する

Androidスマホでは、Google Playストアのアプリページから、最新のバージョンに更新することができます。

Chromeのページを表示して、最新のバージョンに更新してみましょう。

Chromeが更新できない7

Chromeのページを表示したら、「更新」をタップします。

「更新」をタップすると、Chromeが自動的に最新のバージョンに更新されます。

Androidスマホを再起動する

Androidスマホに不具合が生じていて、Chromeが更新できない場合もあります。

ちょっとした不具合程度なら、システムの再起動で解消される可能性があるので、Androidスマホを再起動してみましょう。

Androidスマホを再起動するには、端末の側面にある「電源ボタン」を長押しします。

Gmailが受信できない2

「電源ボタン」を長押しして、画面が変化したら「再起動」をタップします。(「電源ボタン」を長押しして変化する画面は、機種やOSのバージョンによって異なりますが、とりあえず「再起動」をタップすればOKです)

「再起動」をタップすると、自動的に端末の電源が切れ、その後に再起動されます。

インターネットの接続状況を確認する

インターネットの接続状況に問題があると、当然ながらChromeを更新することはできません。

インターネットの接続状況に問題はないか確認しましょう。

インターネットの接続状況を確認するには、ブラウザアプリであるChromeからウェブサイトを見てみるのが一番です。

OSがアップデートできない8

きちんとウェブサイトを見ることができれば、問題ありません。

ただし、「ウェブサイトは見られるけど、表示されるまでに時間がかかる・・・」という場合は、インターネットの接続状況が悪い可能性があります。

そういった場合は、念のため、インターネットをつなぎ直してみましょう。

インターネットをつなぎ直すには、「機内モード」のオンオフを活用するやり方が簡単です。(「機内モード」のオンオフを活用することで、一度にWi-Fiとモバイルデータ通信をつなぎ直すことができます)

機内モードのオンオフを行うには、

ネットに繋がらない6

Androidスマホの「ホーム」画面を表示して、画面を上から下にに2回スワイプします。

ネットに繋がらない7

画面を上から下に2回スワイプすると、「クイック設定パネル」が表示されるので、「機内モード」のアイコンを確認してください。

「機内モード」のアイコンを2回タップすることで、機内モードのオンオフを行うことができます。

機内モードのオンオフを行い、インターネットをつなぎ直してみたら、再度Chromeからウェブサイトがすばやく表示されるか確認してみてください。

Chromeアプリのキャッシュを削除する

Chromeアプリのキャッシュが蓄積され過ぎてしまい、Chromeアプリに不具合が生じている場合もあります。

Chromeアプリのキャッシュを削除しましょう。

Chromeアプリのキャッシュを削除するには、

キャッシュ3

「設定」をタップします。

キャッシュ5

「設定」画面が表示されるので、「アプリと通知」をタップします。

キャッシュ6

「アプリと通知」の画面が表示されるので、「〇〇個のアプリをすべて表示」をタップします。

キャッシュ7

「アプリ情報」の画面が表示されるので、「Chrome」をタップします。

キャッシュ8

「Chromeのアプリ情報」の画面が表示されるので、「ストレージとキャッシュ」をタップします。

キャッシュ9

「Chromeのストレージ」の画面が表示されるので、「キャッシュを削除」をタップします。

キャッシュ10

「キャッシュを削除」をタップすると、Chromeアプリのキャッシュが削除されます。

上記の画面のように、「キャッシュ」の項目が「0B」に変化しているのを確認してください。

もし、「キャッシュ」の項目が「0B」に変化していなかった場合は、きちんとキャッシュが削除されていません。

もう一度、「キャッシュを削除」をタップしてみてください。

アプリのキャッシュを削除する方法について、もっとくわしく知りたいという場合は、こちらの記事を参考にしてください。

デベロッパーに問い合わせる

ここまでの対処法を試してみてもChromeを更新できない場合は、デベロッパーに問い合わせましょう。

デベロッパーに問い合わせるには、

Chromeが更新できない8

Google Playストアのアプリページから、「デベロッパーの連絡先」をタップして、デベロッパーのメールアドレスやウェブサイトへ直接問い合わせてみましょう。

なお、問い合わせする際は、あなたが使っているAndroidスマホの機種やOSのバージョンなど、できるだけ細かい情報も含めて問い合わせしてみてください。

問い合わせに含まれる情報量が多ければ多いほど、デベロッパー側も更新できない状態を把握して、改善策を示しやすくなります。

どうやってもChromeが更新できない場合は?

ここまでChromeが更新できない場合の対処法を解説してきましたが、どうやってもダメな場合はAndroidスマホが故障している可能性があります。

Androidスマホが故障している場合は、個人の力ではどうしようもありません。

契約している携帯電話会社のサポートなどに相談してみましょう。

また、Androidスマホを長く使っている場合は、これを機会に新しいスマホに買い替えるのもいいでしょう。

「新しいスマホに買い替えたいけど、わざわざショップまで行って、長時間待たされるのは面倒だな・・・」と感じる人は、オンラインから手続きする方法がおすすめです。

オンラインから手続きすると、

  • わざわざショップまで行く必要がない。
  • 待ち時間なしで、24時間いつでも手続きが可能。
  • 新しいスマホを無料で自宅まで届けてくれる。
  • オンライン限定のお得なキャンペーンを利用できる。

などのメリットがあります。

時間やお金を節約したい人には、うってつけですね。

オンラインから手続きする場合は、こちらからどうぞ。

まとめ

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、Chromeが更新できない場合の対処法をくわしく解説してみました。

この記事の内容をまとめてみると、

  • まずは手動でChromeを更新してみる。
  • Google PlayストアのChromeのページから更新する。
  • Androidスマホを再起動する。
  • インターネットの接続状況を確認する。
  • Chromeアプリのキャッシュを削除する。
  • デベロッパーに問い合わせる
  • どうやってもダメな場合は、携帯電話会社のサポートなどに相談するか、新しいスマホに買い替える。

となります。

ぜひこの記事を参考にして、Chromeを最新のバージョンに更新してみてください。

関連記事

参考

 

この記事を書いた人
筑波 遼(つくば りょう)

ガジェットをこよなく愛するフリーランスのエンジニア。できるだけわかりやすく、かんたんに解説するようにしています。

スポンサーリンク