【Androidスマホ】ホーム画面からアプリのアイコンが消えてしまった場合の対処法

アイコンが消えた
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、ホーム画面からアプリのアイコンが消えてしまった場合の対処法を詳しく解説します。

なお、記事の中ではGoogle Pixel 3aを使用して説明を行っています。

Androidスマホは各メーカーにより独自にカスタマイズされていることが多く、お使いのAndroidスマホによっては、この記事で紹介している項目名・メニュー名やそれらがある場所・画面デザインなどが違う場合があることをご了承ください。

ホーム画面からアプリのアイコンが消えてしまう原因は?

Androidスマホを利用していて、ホーム画面からアプリのアイコンが消えてしまった・・・そういった場合は、

  • アプリをアンインストール(削除)してしまった。
  • アプリを無効化してしまった。(アプリの無効化とは、アンインストールできないアプリを非表示化して、事実上無効にしてしまうことです)

などの原因が考えられます。

アプリをアンインストールしたり、無効化した記憶はないけど・・・といった場合でも、本人が気がつかないうちに誤操作してしまったり、本人以外の他人(例えば、小さなお子さんなど)に勝手にいじられてしまったなどの可能性があります。

ホーム画面からアプリのアイコンが消えてしまった場合の対処法

ここでは、「アプリをアンインストールしてしまった場合」と「アプリを無効化してしまった場合」の2通りの対処法を解説しますが、どちらが原因なのかわからない場合は、両方の対処法を試してみてください。

アプリをアインインストールしてしまった場合の対処法

アプリをアンインストールしてしまった場合は、

アイコンが消えた2

Androidスマホの「ホーム」画面を開き、「Google Play ストア‎」をタップします。

アイコンが消えた3

「Google Play ストア‎」アプリが開くので、画面右上の「メニューアイコン」をタップします。

アイコンが消えた5

「メニューアイコン」をタップすると、「Google Play ストアのメニュー」が表示されるので、「マイアプリ&ゲーム」をタップします。

アイコンが消えた6

「マイアプリ&ゲーム」の画面が表示されるので、「ライブラリ」のタブをタップします。

アイコンが消えた7

「ライブラリ」のタブが表示されます。

ここで「過去にアンインストールしたアプリの一覧」が表示されます。

該当のアプリを見つけたら、右側にあり「インストール」をタップして、再インストールしてみてください。

なお、再インストールしたアプリにデータなどが引き継げるかどうかの確認、詳しい操作方法などは、アプリの提供元に問い合わせてください。

アプリを無効化してしまった場合の対処法

アプリを無効化してしまった場合は、

アイコンが消えた8

Androidスマホの「ホーム」画面を開き、画面を下から上に2回スワイプします。

アイコンが消えた9

「アプリの一覧」画面が表示されるので、「設定」をタップします。(「設定」が「ホーム」画面にある場合は、「ホーム」画面からタップしてください)

アイコンが消えた10

「設定」画面が表示されるので、「アプリと通知」をタップします。

アイコンが消えた11

「アプリと通知」の画面が表示されるので、「〇〇個のアプリをすべて表示」をタップします。

アイコンが消えた12

「Androidスマホにインストールされているアプリの一覧」が表示されるので、「該当のアプリ」をタップします。

アイコンが消えた14

ここでは、例として「時計」アプリを確認してみます。

アンインストールできないアプリは、上記のように通常の状態だと「無効にする」となっています。

この部分が「有効にする」と表示されていた場合は、アプリが無効化されています。

「有効にする」をタップして、アプリを有効化してみてください。

まとめ

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、ホーム画面からアプリのアイコンが消えてしまった場合の対処法を詳しく解説してみました。

ホーム画面からアプリのアイコンが消えてしまった場合の対処法は比較的シンプルです。

ぜひ、この記事を参考に対応してみてください。

関連記事

Androidスマホの使い方の詳細については、こちらをどうぞ。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク