【Androidスマホ】バッテリー残量の表示がおかしい場合の対処法

バッテリー残量の表示がおかしい

スポンサーリンク


Androidスマホでは、画面上にバッテリーの残量を表示することができます。

バッテリーにどのくらいの残量があるのかがすぐにわかるため、なかなか便利な機能です。

しかしながら、何らかの理由でこのバッテリー残量の表示がおかしい、ズレてしまうなどの問題で困っている人もいるでしょう。

そこでこの記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、バッテリー残量の表示がおかしい場合の対処法についてくわしく解説します。

バッテリー残量の表示がおかしい場合に把握しておくこと

Androidスマホのバッテリー残量の表示がおかしい場合については、

  • 十分なバッテリー残量があったにもかかわらず、気がつくと端末の電源が切れていた。
  • 充電したばかりでバッテリー残量が100%近くあったはずなのに、気がつくとバッテリー残量が大幅に下がっていた。
  • 一定のバッテリー残量に下がると、警告が表示されてしまう。

などのように、さまざまなパターンあります。

注意したいのが、ある程度のバッテリー残量があるにもかかわらず、気がつくと端末の電源が切れているパターンです。

バッテリーの残量がかなり急激に下がってしまっていることがうかがえます。

この場合はバッテリーが劣化している可能性が高く、対処法うんぬんの前に新しいスマホに買い替えることを検討してみてください。

バッテリー残量の表示がおかしい場合の対処法

まずはAndroidスマホを再起動する

Androidスマホに不具合が生じていて、バッテリー残量の表示がおかしくなっている可能性があります。

ちょっとした不具合程度なら、システムの再起動で解消される可能性があるので、まずはAndroidスマホを再起動してみましょう。

Androidスマホを再起動するには、端末の側面にある「電源ボタン」を長押しします。

Gmailが受信できない2

「電源ボタン」を長押しして、画面が変化したら「再起動」をタップします。(「電源ボタン」を長押しして変化する画面は、機種やOSのバージョンによって異なりますが、とりあえず「再起動」をタップすればOKです)

「再起動」をタップすると、自動的に端末の電源が切れ、その後に再起動されます。

AndroidのOSを最新のバージョンにアップデートする

AndroidのOSを最新のバージョンにアップデートすることで、バッテリー残量の表示がおかしい不具合を修正できる可能性があります。

AndroidのOSを最新のバージョンにアップデートしておきましょう。

AndroidのOSを最新のバージョンにアップデートするには、

バッテリー残量の表示がおかしい2

「設定」をタップします。

バッテリー残量の表示がおかしい3

「設定」画面が表示されるので、「システム」をタップします。

バッテリー残量の表示がおかしい5

「システム」の画面が表示されるので、「詳細設定」をタップします。

バッテリー残量の表示がおかしい6

新しい項目が表示されるので、「システムアップデート」をタップします。

バッテリー残量の表示がおかしい7

「システムアップデート」の画面が表示されます。

この画面の右下にある「アップデートを確認」をタップすると、現在利用しているAndroidのOSにより新しいバージョンがあるのかを確認し、新しいバージョンがあればアップデートできるようになっています。

新しいバージョンがあれば、きちんとアップデートしましょう。

何らかの問題があり、AndroidスマホでOSをバージョンアップできない場合は、こちらの記事を参考にしてください。

充電器とケーブルがきちんと機能しているのかも確認しよう

念のため、Androidスマホの充電に使っている充電器やケーブルがきちんと機能しているのかについても確認しておきましょう。

充電器やケーブルがきちんと機能しているのか確認するには、

  1. Androidスマホ、充電器、ケーブルにちりやほこりが付いていないか確認します。
  2. スマホのケースやアクセサリが邪魔になっていないか確認して、Androidスマホ、充電器、ケーブルをきちんと接続して充電を行います。
  3. 一定の時間充電を行い、きちんとバッテリー残量が増えているのか確認します。

バッテリー残量が増えていなかったり、増えるスピードがかなり遅いという場合は、バッテリーの劣化が進んでいると考えられます。

どうやってもバッテリー残量の表示が直らない場合は?

ここまでの対処法を試してみてもダメな場合は、バッテリーの劣化が進んでいると考えられます。

契約している携帯電話会社や製造したメーカーなどに修理に出すのも一つの手ですが、手間やコストを考えると、新しいスマホに買い替えることをおすすめします。

ちなみに、「新しいスマホに買い替えたいけど、わざわざショップまで行って、長時間待たされるのは面倒だな・・・」と感じる人は、オンラインから手続きする方法がおすすめです。

オンラインから手続きすると、

  • わざわざショップまで行く必要がない。
  • 待ち時間なしで、24時間いつでも手続きが可能。
  • 新しいスマホを無料で自宅まで届けてくれる。
  • オンライン限定のお得なキャンペーンを利用できる。

などのメリットがあります。

時間やお金を節約したい人には、うってつけですね。

オンラインから手続きする場合は、こちらからどうぞ。

まとめ

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、バッテリー残量の表示がおかしい場合の対処法についてくわしく解説してみました。

この記事の内容をまとめてみると、

  • まずはAndroidスマホを再起動する。
  • AndroidのOSを最新のバージョンにアップデートする。
  • 念のため、充電器とケーブルがきちんと機能しているのかも確認する。
  • どうやってもダメな場合は、契約している携帯電話会社のサポートや製造したメーカーなどに修理に出すか、新しいスマホに買い替える。

となります。

ぜひこの記事を参考にして、バッテリー残量の表示がおかしい不具合を修正してみてください。

関連記事

参考

 

この記事を書いた人
筑波 遼(つくば りょう)

ガジェットをこよなく愛するフリーランスのエンジニア。できるだけわかりやすく、かんたんに解説するようにしています。

スポンサーリンク