不要なデータを削除してAndroidスマホを快適に保つ方法

不要なデータ
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事では、不要なデータを削除してAndroidスマホを快適に保つ方法を詳しく解説します。

なお、記事の中ではGoogle Pixel 3aを使用して説明を行っています。

Androidスマホは各メーカーにより独自にカスタマイズされていることが多く、お使いのAndroidスマホによっては、この記事で紹介している項目名・メニュー名やそれらがある場所・画面デザインなどが違う場合があることをご了承ください。

利用していくうちに不要なデータが蓄積していく

Androidスマホを利用していくと、ダウンロードしたファイル、ほとんど使わないアプリ、キャッシュなどの不要なデータがどうしても蓄積されていきます。

不要なデータがどんどん蓄積されていくと、当然ながらAndroidスマホのストレージ容量を圧迫していく要因となります。

Androidスマホを快適に保つには、これらの不要なデータを定期的に削除しておくと便利です。

不要なデータを削除する方法

不要なデータを削除するには、

不要なデータ2

Androidスマホの「ホーム」画面を開き、画面を下から上に2回スワイプします。

不要なデータ3

「アプリの一覧」画面が表示されるので、「設定」をタップします。(「設定」が「ホーム」画面にある場合は、「ホーム」画面からタップしてください)

不要なデータ5

「設定」画面が表示されるので、「ストレージ」をタップします。

不要なデータ6

「ストレージ」画面が表示されるので、「空き容量を増やす」をタップします。

不要なデータ7

「空き容量を増やす」をタップすると、上記のように「アイテムを削除」という画面が表示されます。

この画面で、写真と動画のバックアップ、ダウンロードしたファイル、ほとんど使われていないアプリなどが表示されるので、必要ないアイテムを削除できます。

これは削除しても大丈夫だろうか?といったものはそのままにしておき、これは完全に必要ないといったものはどんどん削除していきましょう。

まとめ

この記事では、不要なデータを削除してAndroidスマホを快適に保つ方法を詳しく解説してみました。

不要なデータが蓄積されていくと、Androidスマホのストレージ容量が圧迫され、Androidスマホの動作が重くなってしまうなどの大きな弊害を起こしてしまう可能性があります。

ぜひ、定期的に不要なデータを削除するようにしてみてください。

関連記事

Androidスマホの使い方の詳細については、こちらをどうぞ。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク