【Android】アプリからの不要な通知をオフにする方法

通知2
スポンサーリンク



スポンサーリンク



Androidスマホを使っていると、アプリからの通知が頻繁に来ます。

便利な機能ですが、特に必要のない通知が多いのが難点です。

この記事では、アプリからの不要な通知をオフにする方法を詳しく解説します。

なお、記事の中ではXperia X Performanceを使用して説明を行っています。

Androidスマホは各メーカーにより独自にカスタマイズされていることが多く、お使いのAndroidスマホによっては、この記事で紹介している項目名・メニュー名やそれらがある場所・画面デザインなどが違う場合があることをご了承ください。

通知領域からオフにする

アプリからの通知は、画面上部の「ステータスバー」の左側にアイコンとして表示されます。

通知の詳細を確認するには、「ステータスバー」を下にドラッグします。

「通知領域」が表示され、各アプリからの通知が一覧表示されます。

通知3

アプリからの通知が不要な場合は、アプリ単位でオフにすることができます。

「通知領域」に表示された通知のうち、不要なものはロングタッチ(長押し)します。

ここでは、「1個のアプリを更新しました」と表示されている通知をロングタッチしてみます。

通知5

「通知元のアプリ」が表示されるので、右側にある「i」アイコンをタップします。

通知6

「アプリの通知」画面が表示されます。

この画面で通知をオフにすることができます。

通知8

ちなみに「すべてブロック」を解除すると、「重要な通知」、「通知の瞬間表示を許可」などの設定を変更することが可能になります。

通知9

この方法なら、実際の通知を見ながら必要か不必要かを判断できます。

設定画面からオフにする

設定画面から、通知をオフにすることもできます。

こちらでは、通知機能を持つ全てのアプリの通知設定を変更できます。

まずは、「ホーム」画面を下にドラッグして、「設定」をタップします。

通知11

「設定」画面を開いたら、「音と通知」をタップします。

通知12

「音と通知」画面が表示されたら、さらにそこから「アプリの通知」を探してタップします。

通知14

「アプリの通知」画面が表示されます。

この画面では、通知機能を持つ全てのアプリの一覧が表示されます。

通知15

目的のアプリをタップするれば、「アプリの通知」画面が表示され、通知のオンオフ、通知の条件などを細かく設定できます。

通知16

「通知領域」から通知設定を開いてオフにしてしまった場合は、ステータスバーから通知を見ることができなくなります。

そのため、通知を再表示させたい場合は、設定画面から通知条件を変更してください。

通知を完全にオフにできないアプリもある

ほとんどのアプリが、通知をオフにするこができます。

しかし一部のアプリは、通知を完全にオフにすることができません。

例えば、ドコモメールなどは通知を完全にオフにすることができません。

通知17

「ドコモメールのアプリの通知」画面を開いてみても、「すべてブロック」の項目はありません。

ユーザー側から、完全に通知をオフにすることはできないようです。

ロック画面の通知もオフにする

Androidスマホでは、ロック画面でもアプリからの通知を表示させることができます。

しかし特に必要性がない人は、オフにすることができます。

「音と通知」画面の中に、「ロック画面の通知表示」という項目あり、そこでオフにできます。

通知18

「ロック画面の通知表示」をタップすると、「通知内容をすべて表示します」かと「通知を表示しません」のどちらかを選べます。

「通知を表示しません」を選択すれば、ロック画面に表示される通知をオフにすることができます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク