【Android】重くなってきたスマホを簡単に高速化する方法

快適化1
スポンサーリンク



スポンサーリンク



Androidスマホは便利な電子機器ですが、耐久消費財でもあります。

使っている期間が長くなれば、当然ながら動作が重くなってきます。

せっかく高いお金を払って買ったAndroidスマホですから、できるだけ長く快適に使いたいものです。

そこでこの記事では、重くなってきたAndroidスマホを、できるだけ簡単に高速化する方法をまとめて紹介します。

なお、記事の中ではXperia X Performanceを使用して説明を行っています。

Androidスマホは各メーカーにより独自にカスタマイズされていることが多く、お使いのAndroidスマホによっては、この記事で紹介している項目名・メニュー名やそれらがある場所・画面デザインなどが違う場合があることをご了承ください。

まずは再起動してみる

最も簡単に高速化できる方法が、Androidスマホの「再起動」です。

快適化2

Androidスマホの「電源ボタン」を長押しすると、「メニュー」が表示されるので、「再起動」をタップしましょう。

パソコンでは、新しいアプリをインストールしたり、バージョンアップした際に、再起動してメンテナンスを行います。

Androidスマホも同じで「再起動」を行うと、スマホ内部のシステムが一旦クリアされたり、最適な設定に戻してくれたりと、いろいろとメンテナンスをしてくれます。

簡単にできる方法なので、一日一回は再起動することをお勧めします。

ちなみに、電源をオフにするのも同じ効果があります。

寝ている間はAndroidスマホを使わないので電源を切っているという人は、朝起きてスマホの電源を入れる際に、再起動と同様にメンテナンスが行われます。

アプリをきちんと終了しておく

初心者にありがちなのが、「ホームボタン」をタップして、アプリを終了させたと勘違いしている状態です。

「ホームボタン」をタップすると、アプリは非表示になりますが、バックグラウンドで待機している状態になっているだけです。

たとえ電源をオフにしたり、再起動したりしても、アプリがバックグラウンドで起動したままの状態は解消されません。

多くのアプリがバックグラウンドで起動したままだと、当然メモリを圧迫します。

メモリの不足によって動作がどんどん遅くなる、最悪の場合はAndroidスマホが強制終了してしまうこともあります。

快適化3

バックグラウンドで起動したままのアプリをきちんと終了するには、画面右下の「タスクボタン」をタップします。

快適化5

「タスクボタン」をタップすると、上記のように「マルチタスク」画面が表示されます。

「マルチタスク」画面では、バックグラウンドで起動中のアプリ一覧が表示されます。

マルチタスク画面のアプリ一覧を見ると、アプリの右上に「✖印」が表示されています。

この「✖印」をタップすると、起動中のアプリをきちんと終了させることができます。

「✖印」をタップする以外にも、アプリをスワイプすることによって、アプリをきちんと終了させることが可能です。

アプリのキャッシュを削除する

アプリのなかには動作を高速にするため、キャッシュと呼ばれる一時ファイルを保存するものが多くあります。

例えば、アクセスしたウェブサイトのデータなどを、ブラウザはキャッシュとして一時的に蓄積しておきます。

次に同じウェブサイトにアクセスしたときには、ブラウザが管理しているキャッシュデータから読み出して素早くウェブサイトを表示してくれます。

本来なら、キャッシュは動作を高速化してくれる便利なものですが、キャッシュの容量がどんどん増えていくと、ストレージに大量に溜まってしまいます。(ストレージとは、データが保存、保管される場所のことです)

定期的にアプリのキャッシュを削除することで、アプリを快適に使うことができます。

アプリのキャッシュを削除するには、「設定」→「アプリ」とタップします。

アプリの一覧が表示されるので、「キャッシュを削除したいアプリ」をタップします。

この記事では、例として「Googleマップ」のキャッシュを削除してみます。

快適化6

「アプリ」画面が表示されたら、「Googleマップ」をタップします。

快適化7

「Googleマップのアプリ情報」が表示されるので、「ストレージ」をタップします。

快適化8

「Googleマップのストレージ」画面が表示されます。

この画面で、「キャッシュを削除」をタップすれば、Googleマップのキャッシュを削除することができます。

一度やり方を覚えてしまえば簡単ですので、アプリのキャッシュ削除は定期的にやっておきましょう。

不要なアプリを削除する

基本的なことですが、使わなくなったアプリは削除しておきましょう。

快適化9

「アプリのアイコン」をロングタップ(長押し)すると、画面上部に「アンインストールできる領域」が表示されます。

「アプリのアイコン」をアンインストールのところへドラッグすれば、アプリを削除することができます。

快適化10

ホーム画面にアイコン表示されていないアプリは、「アプリ情報」から削除できます。

「アプリ情報」を表示させるには、「設定」→「アプリ」→「削除したいアプリ」とタップします。

「アプリ情報」画面で、「アンインストール」をタップすれば、アプリを削除することができます。

なお、Androidスマホを買ったときからプリインストールされているアプリの中には削除できないものがあるので、注意してください。

また、誤って違うアプリを削除してしまった!!という場合は、ほとんどのアプリが「Google Playストア」から再度インストールすることが可能です。(アプリの制作会社がすでにアプリの販売を中止している場合など、一部のアプリは再インストールできないこともあります)

アプリをきちんとアップデートしておく

アプリを最新のバージョンにアップデートすることで、新しい機能の追加や不具合の改善以外にも動作速度が改善される場合があります。

快適化11

アプリを最新のバージョンにアップデートするには、「Google Play」をタップして開きます。

表示された「Google Play」の画面の左上にある「メニューボタン」をタップします。

快適化12

「マイアプリ&ゲーム」をタップすると、アプリをアップデートできるようになります。

快適化14

いちいち手動でアプリをアップデートするのは面倒くさいという人は、「アプリを自動更新」することもできます。

「マイアプリ&ゲーム」から「メニュー」に戻って、「設定」をタップします。

快適化15

「設定」画面が表示されるので、「アプリの自動更新」をタップします。

快適化16

「アプリの自動更新」という「メニュー」が表示されます。

「常に自動更新する(データ通信料が発生する場合があります)」か、「Wi-Fiに接続しているときだけ自動更新する」のどちらかを選択してください。

スマホのデータ通信量や料金などを考えると、「Wi-Fiに接続しているときだけ自動更新する」のほうをお勧めします。

「Wi-Fiに接続しているときだけ自動更新する」のほうを選択しておけば、Wi-Fiに接続してるときに、自動的にアプリのアップデートをやってくれるので非常にお得です。

アニメーション表示をオフにする

Androidスマホには、アニメーション表示と呼ばれる機能があります。

ウインドウやメニューを開いたときに、動きが滑らかに見える効果があります。

アプリによっては、アニメーション機能をかなり多く使っています。

ただし、アニメーション表示は、動きを滑らかに見せる以外の効果はありません。

スマホの動作を高速化したい場合は、アニメーション表示をオフにしておきましょう。

快適化17

アニメーション表示をオフにするには、「設定」→「端末情報」とタップします。

「端末情報」画面にある「ビルド番号」を7回タップして、「開発向けオプション」を表示されるようにします。

快適化18

 

「設定」画面で、「開発者向けオプション」を確認したらタップします。

快適化19

「開発者向けオプション」画面が表示されます。

「開発者向けオプション」画面には、「ウィンドウアニメスケール」、「トランジションアニメスケール」、「アニメーター再生時間スケール」の3つのアニメーション表示関連の項目があります。

快適化20

それぞれの項目をタップして、アニメーション表示をオフに変更できます。

まとめ

この記事では、比較的簡単にできるスマホの快適化・高速化する方法をまとめてみました。

どれも簡単にできる方法ばかりなので、ぜひ試してみてください。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク