【Androidスマホ】ウェブページを見ていてChromeが固まる場合の対処法

Chromeが固まる

スポンサーリンク


Androidスマホからウェブページを見ていると、ブラウザアプリであるChromeが固まってしまうことがあります。

Chromeが固まってしまうと、画面をスクロールしたり、元の画面に戻るなどの操作ができなくなるため、かなりやっかいですね。

そこでこの記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、ウェブページを見ていてChromeが固まる場合の対処法をくわしく解説します。

ウェブページを見ていてChromeが固まる場合の対処法

まずはAndroidスマホを再起動する

ウェブページを見ていてChromeが固まってしまう原因として、Androidスマホに不具合が生じている可能性があります。

ちょっとした不具合程度なら、システムの再起動で解消される可能性があるので、まずはAndroidスマホを再起動してみましょう。

Androidスマホを再起動するには、端末の側面にある「電源ボタン」を長押しします。

Gmailが受信できない2

「電源ボタン」を長押しして、画面が変化したら「再起動」をタップします。(「電源ボタン」を長押しして変化する画面は、機種やOSのバージョンによって異なりますが、とりあえず「再起動」をタップすればOKです)

「再起動」をタップすると、自動的に端末の電源が切れ、その後に再起動されます。

Chromeアプリのキャッシュを削除する

Chromeアプリのキャッシュが蓄積され過ぎてしまい、Chromeアプリに不具合が生じている場合もあります。

Chromeアプリのキャッシュを削除しましょう。

Chromeアプリのキャッシュを削除するには、

キャッシュ3

「設定」をタップします。

キャッシュ5

「設定」画面が表示されるので、「アプリと通知」をタップします。

キャッシュ6

「アプリと通知」の画面が表示されるので、「〇〇個のアプリをすべて表示」をタップします。

キャッシュ7

「アプリ情報」の画面が表示されるので、「Chrome」をタップします。

キャッシュ8

「Chromeのアプリ情報」の画面が表示されるので、「ストレージとキャッシュ」をタップします。

キャッシュ9

「Chromeのストレージ」の画面が表示されるので、「キャッシュを削除」をタップします。

キャッシュ10

「キャッシュを削除」をタップすると、Chromeアプリのキャッシュが削除されます。

上記の画面のように、「キャッシュ」の項目が「0B」に変化しているのを確認してください。

もし、「キャッシュ」の項目が「0B」に変化していなかった場合は、きちんとキャッシュが削除されていません。

もう一度、「キャッシュを削除」をタップしてみてください。

アプリのキャッシュを削除する方法について、もっとくわしく知りたいという場合は、こちらの記事を参考にしてください。

Chromeアプリのアップデートを確認する

念のため、Chromeアプリのアップデートがないか確認しましょう。

Chromeアプリのアップデートがないか確認するには、

Chromeが更新できない2

「Google Play」をタップします。

Chromeが更新できない3

「Google Play」が開くので、画面左上にある「メニュー」アイコンをタップします。

Chromeが更新できない5

「Google Playのメニュー」が表示されるので、「マイアプリ&ゲーム」をタップします。

Chromeが更新できない6

「マイアプリ&ゲーム」の画面が表示されます。

この画面で、Chromeアプリにアップデートがあるのかを確認することができます。

「Chrome」の右側に「更新」という部分が確認できたら、その「更新」をタップして、Chromeを最新のバージョンにアップデートしてください。

アプリをアップデートする方法について、もっとくわしく知りたいという場合は、こちらの記事を参考にしてください。

OSのアップデートを確認する

AndroidスマホのOSについても、アップデートがないか確認しておきましょう。

AndroidスマホのOSにアップデートがないか確認するには、

新しいバージョン3

「設定」をタップします。

新しいバージョン5

「設定」画面が表示されるので、「システム」をタップします。

新しいバージョン6

「システム」の画面が表示されるので、「詳細設定」をタップします。

OSのバージョン7

「詳細設定」をタップすると新しい項目が表示されるので、「システムアップデート」をタップします。

新しいバージョン8

「システムアップデート」の画面が表示されます。

この画面の右下にある「アップデートを確認」をタップすると、現在利用しているOSのバージョンよりも新しいものがあるのかを確認し、新しいバージョンがあればアップデートできるようになっています。

新しいバージョンがあれば、この画面からアップデートを行いましょう。

OSのアップデートについて、もっとくわしく知りたいという場合は、こちらの記事を参考にしてください。

デベロッパーに問い合わせる

ここまでの対処法を試してみてもダメな場合は、デベロッパーに問い合わましょう。

デベロッパーに問い合わせるには、

Chromeが固まる2

「Google Play」から「Google Chrome」のページを表示して、「デベロッパーの連絡先」をタップしましょう。

「デベロッパーの連絡先」をタップすると、ウェブサイトやメールアドレスからデベロッパーに問い合わせることができます。

なお、問い合わせを行う場合は、あなたが使っているAndroidスマホの機種やOSのバージョンなど、できるだけくわしい情報も一緒に報告するようにしましょう。

多くの情報を提供することで、デベロッパー側も改善点を指摘しやすくなります。

Chromeが固まる状態が改善できない場合は?

ここまで、ウェブページを見ていてChromeが固まる場合の対処法を解説してきましたが、どうやってもダメな場合は、Androidスマホが故障している可能性があります。

Androidスマホが故障している場合は、個人の力ではどうしようもありません。

契約している携帯電話会社のサポートなどに相談してみましょう。

また、Androidスマホを長く使っている場合は、これを機会に新しいスマホに買い替えるのもいいでしょう。

「新しいスマホに買い替えたいけど、わざわざショップまで行って、長時間待たされるのは面倒だな・・・」と感じる人は、オンラインから手続きする方法がおすすめです。

オンラインから手続きすると、

  • わざわざショップまで行く必要がない。
  • 待ち時間なしで、24時間いつでも手続きが可能。
  • 新しいスマホを無料で自宅まで届けてくれる。
  • オンライン限定のお得なキャンペーンを利用できる。

などのメリットがあります。

時間やお金を節約したい人には、うってつけですね。

オンラインから手続きする場合は、こちらからどうぞ。

まとめ

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、ウェブページを見ていてChromeが固まる場合の対処法をくわしく解説してみました。

この記事の内容をまとめてみると、

  • まずはAndroidスマホを再起動する。
  • Chromeアプリのキャッシュを削除する。
  • Chromeアプリのアップデートを確認する。
  • OSのアップデートを確認する。
  • デベロッパーに問い合わせる。
  • どうやってもダメな場合は、契約している携帯電話会社のサポートに相談するか、新しいスマホに買い替える。

となります。

ぜひこの記事を参考にして、ウェブページを見ていてChromeが固まってしまう状況を改善してみてください。

関連記事

参考

 

この記事を書いた人
筑波 遼(つくば りょう)

ガジェットをこよなく愛するフリーランスのエンジニア。できるだけわかりやすく、かんたんに解説するようにしています。

スポンサーリンク