【Chrome】「about:blank」と真っ白なページが表示された場合の対処法

空白の表示

スポンサーリンク


ブラウザアプリの「Chrome」からネットを見ていると、URLが「about:blank」となり、真っ白なページが表示されることがあります。

いきなり真っ白なページが表示されるわけですから、「これは何らかの不具合なんだろうか?」、「もしかしてウィルスに感染してしまったのだろうか?」と不安になってしまいますね。

そこでこの記事では、「Chrome」からネットを見ているときに、「about:blank」と真っ白なページが表示された場合の対処法をくわしく解説します。

そもそも「about:blank」とはどういう意味なのか?

空白の表示2

そもそも「about:blank」とは、どういう意味なのでしょうか?

「about:blank」とは、かんたんにいうと、コンテンツが存在しない空白のウェブページを意味しています。

文字通り、コンテンツが存在しない空白のウェブページであるため、真っ白なページが表示されるわけです。

なぜこのような表示が出るのか?

他のブラウザアプリでも同じですが、「Chrome」ではコンテンツが存在しない空白のウェブページを「about:blank」と表示するようになっています。

コンテンツが存在しない空白のウェブページは、すべてこの「about:blank」と表示される仕組みなわけです。

つまり「about:blank」と表示された場合は、あなたが見ようとしたウェブページが、何らかの理由でコンテンツが存在しない空白のものであることを示しています。

「about:blank」は端末の不具合でもウィルス感染でもない

「about:blank」は、コンテンツが存在しない空白のウェブページを表示しているだけなので、端末の不具合やウィルス感染などの心配はありません。

いきなり真っ白なページが表示されるため、「スマホが故障してしまったんじゃないか?」、「もしかしてウィルスに感染した?」などと不安に感じるかもしれませんが大丈夫です。

端末の不具合やウィルス感染などとは、まったく関係がありません。

ポップアップ広告の注意点

注意点として、「Chrome」ではポップアップをブロックしていると、ポップアップ広告などが表示されるウェブページを「about:blank」と表示してしまいます。

あなたが見ようとしたウェブページがポップアップ広告を表示するものであった場合、「about:blank」と表示されてしまうわけです。

ポップアップ広告が表示されるのを承知で、そのウェブページを見たい場合は、「Chrome」でポップアップを許可する必要があります。(「Chrome」でポップアップを許可する方法については、以下の「about:blank」と表示された場合の対処法のところで解説しています)

「about:blank」と表示された場合の対処法

まずは他のウェブサイトを見てみよう

あなたが見ようとしているウェブページが、コンテンツが存在しない空白のページである場合に「about:blank」と表示されます。

そのため、まずは他のウェブサイトを見てみましょう。

空白の表示3

他のウェブサイトを見てみると、きちんとそのウェブサイトが表示されるはずです。

トップページの設定を確認する

「Chrome」アプリを開いて、いきなり「about:blank」と表示される場合は、トップページにコンテンツの存在しない空白のページが設定されている可能性があります。

「Chrome」のトップページの設定を確認してみましょう。

「Chrome」のトップページの設定を確認するには、

空白の表示5

画面右上にある「その他アイコン(たてに3つの点が並んでいるアイコン)」をタップします。

空白の表示6

「Chromeのメニュー」が表示されるので、「設定」をタップします。

空白の表示7

「Chromeの設定」画面が表示されるので、「トップページ」をタップします。

空白の表示8

「トップページ」の画面が表示されます。

この画面で、トップページの設定を確認してみましょう。

できれば、よく使う信頼できるウェブページをトップページに設定し直しておきましょう。

トップページには、検索エンジンである「Google」や「Yahoo! JAPAN」などを設定しておくと便利ですよ。

Chrome でポップアップを許可する

ポップアップ広告が表示されるのを承知で、そのウェブページを見たい場合は、「Chrome」でポップアップを許可しましょう。

「Chrome」でポップアップを許可するには、

空白の表示9

画面右上にある「その他アイコン」をタップします。

空白の表示10

「Chromeのメニュー」が表示されるので、「設定」をタップします。

空白の表示11

「Chromeの設定」画面が表示されるので、「サイトの設定」をタップします。

空白の表示12

「サイトの設定」画面が表示されるので、「ポップアップとリダイレクト」をタップします。

空白の表示14

「ポップアップとリダイレクト」の画面が表示されます。

この画面で、「ポップアップとリダイレクト」の右側にある「スイッチ」をタップします。

空白の表示15

これで「ポップアップとリダイレクト」がオンになり、ポップアップが許可された状態になります。(「スイッチ」が上記のように右側に寄った状態になっていれば、ポップアップが許可された状態になっています)

念のため、迷惑系のアプリを間違ってインストールしていないか確認する

アプリの中には、インストールしておくだけで勝手にポップアップ広告を表示させる迷惑系のアプリが存在します。

ブラウザアプリからネットを見ているときに、勝手にポップアップ広告が表示させられるため、「about:blank」と表示される可能性があります。

念のため、迷惑系のアプリを間違ってインストールしていないかも確認しておきましょう。

間違って迷惑系のアプリをインストールしていないかを確認するには、

空白の表示16

ちょっと手間がかかりますが、「アプリの一覧」画面から、迷惑系のアプリがないか確認しましょう。

よくわからない怪しいアプリがあったら、すぐにアンインストールしておきましょう。

Androidスマホでアプリをアンインストールする方法がわからない場合は、こちらの記事を参考にしてください。

あらかじめセキュリティーアプリをインストールしておくと安心

迷惑系のアプリを間違ってインストールしてまわないようにするには、あらかじめセキュリティーアプリをインストールしておくのが一番です。

自分では、役に立つアプリをインストールしたつもりでも、じつは迷惑系のアプリかもしれません。

あらかじめセキュリティーアプリをインストールしておけば、そういった迷惑系のアプリをインストールするときに警告してくれたり、ブロックしてくれるので安心です。

セキュリティアプリについては、ノートンの360 デラックスがおすすめです。

ノートンの360デラックスをおすすめする理由としては、

  • 販売元のシマンテック社は、セキュリティーアプリの分野で世界シェアNo.1を誇る、信頼できる企業であること。
  • アプリの使い方でわからない点があれば、チャットサポートで24時間対応してもらえること。
  • オンラインコードで購入できるため、オンライン上で購入し、すぐに利用することができること。

などがあります。

なお、購入するさいは、すでに購入したユーザーのレビューを確認しましょう。

すでに購入したユーザーのレビューを確認することで、自分が使っているスマホに合うのか、アプリの軽さなど使い勝手はどうなのかといった点をクリアにすることができますよ。

まとめ

この記事では、「Chrome」からネットを見ているときに、「about:blank」と真っ白なページが表示された場合の対処法をくわしく解説してみました。

まとめてみると、

  • 「about:blank」とは、コンテンツが存在しない空白のウェブページを意味している。
  • 「Chrome」ではコンテンツが存在しない空白のウェブページを「about:blank」と表示するようになっている。
  • 「about:blank」は、コンテンツが存在しない空白のウェブページを表示しているだけなので、端末の不具合やウィルス感染などの心配はない。
  • 「Chrome」ではポップアップをブロックしていると、ポップアップ広告などが表示されるウェブページを「about:blank」と表示してしまうので注意。
  • 「about:blank」と表示されたら、まずは他のウェブサイトを確認する。
  • 「Chrome」アプリを開いて、いきなり「about:blank」と表示される場合は、トップページの設定を確認する。
  • ポップアップ広告が表示されるのを承知で、そのウェブページを見たい場合は、「Chrome」でポップアップを許可する。
  • 念のため、迷惑系のアプリを間違ってインストールしていないかも確認しておく。
  • 迷惑系のアプリを間違ってインストールしてまわないようにするには、あらかじめセキュリティーアプリをインストールしておくのが一番。

となります。

関連記事

参考

 

この記事を書いた人
筑波 遼(つくば りょう)

ガジェットをこよなく愛するフリーランスのエンジニア。できるだけわかりやすく、かんたんに解説するようにしています。

スポンサーリンク