【Android】アプリをアンインストール&無効化する方法

アンインストール1
スポンサーリンク



スポンサーリンク



不要になったアプリのアンインストール(削除)と無効化について解説します。

 

アプリのアンインストールとは?

スマホから、アプリのデータを完全に削除することです。

不要なアプリをスマホ内に残しても、容量を圧迫するだけです。

スマホを長く快適に使うためには、不要なアプリは削除しておくべきです。

 

削除したアプリは再度インストールできる?

アンインストールしても、Google Playから再度インストール可能です。

有料アプリを購入した場合も、再度インストールができますし、料金は発生しません。

ただし、アプリの製作元がGoogle Playでのダウンロードを終了してしまった場合は、再度インストールすることはできません。

 

アプリをアンインストールする手順

まずは、設定をタップします。

 

アンインストール2

 

設定画面を開いたら、アプリ(機種によっては、アプリケーションと表記されています)という項目を探してタップしてください。

 

アンインストール3

 

アプリ画面が開き、アプリの一覧が表示されます。

アンインストールしたいアプリをタップします。

 

アンインストール5

 

アプリ情報画面が表示されます。

ここでアンインストールをタップすると、アプリをスマホから完全に削除することができます。

 

アンインストール6

 

スマホ上にアイコン表示されているアプリなら、もっと簡単にアンインストールすることができます。

アンインストールしたいアプリをロングタップ(長押し)すると、スマホ上部にアンインストールの項目が表示されます。(機種によって多少の違いがあるので注意してください)

 

アンインストール7

 

アプリをそのまま、アンインストールの項目ドラッグすれば、アプリをスマホから完全に削除することができます。

 

アプリの無効化とは?

Google Playからダウンロードしたアプリは、アンインストールすることができます。

しかし、キャリア(携帯電話会社)から買った時点でプリインストール(あらかじめ入っている)されているアプリの中には、アンインストールできないものがあります。

アンインストールできないアプリを整理するには、無効化という操作を行います。

アプリの無効化を行えば、機能を停止させることができ、スマホ上で非表示になります。

 

アンインストールと無効化の違いは?

アンインストールと違い、無効化ではアプリを完全にスマホから削除することはできません。

アプリの機能を停止して、非表示にするだけです。

無効化を解除すれば、アプリはまた元通り使えるようになります。

 

アプリを無効化する手順

アンインストールと同じく、設定アプリアプリ情報とタップしてください。

プリインストールされたアプリの中で削除できないものは、アンインストールの代わりに無効にすると表示されます。

 

無効化1

 

無効にするをタップすると、アプリを無効化することができます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク