【Androidスマホ】キーボードが小さくなってしまった場合の対処法

スポンサーリンク


Androidスマホでは、文字や数字などを入力しようとすると、画面にキーボードが表示されるようになっています。

そのキーボードですが、「気が付くといつのまにか小さくなっていた・・・」といったことはないでしょうか?

キーボードの大きさが小さくなってしまうと、見づらくなったり、使い勝手が悪くなってしまうなどのデメリットが生じてしまいます。

そこでこの記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、キーボードが小さくなってしまった場合の対処法についてくわしく解説します。

Androidスマホで表示されるキーボードが小さくなってしまう原因は?

Androidスマホで表示されるキーボードが小さくなってしまう原因としては、

  • 片手モードに設定されてしまい、キーボードの横幅がせまくなっている。
  • キーボードの高さが低く設定されてしまい、キーボードの高さが低くなっている。
  • フローティングがオンになっていて、キーボードがずれてしまっている。

などが考えられます。

キーボードの横幅、高さ、ズレなど、どの部分が小さくなってしまったのかをきちんと確認して、以下の対処法を試してみてください。(どの部分が小さくなってしまったのかよくわからない、もしくは判断できないという場合は、以下の対処法を順番に試してみてください)

Androidスマホで使っているキーボードが小さくなってしまった場合の対処法

ここでは、多くのAndroidユーザーに使われているキーボードアプリ「Gboard」を使って、キーボードが小さくなってしまう場合の対処法について解説します。

片手モードになっていないか確認する

キーボードの横幅が小さくなってしまった場合は、「片手モード」になっていないか確認しましょう。

「片手モード」になっていないか確認するには、

片手モード

Androidの画面にキーボードを表示して、「歯車」のアイコンをタップします。(「歯車」のアイコンは、上記の赤枠で囲まれた部分のアイコンです。ちょっと小さいアイコンなので、間違えないように注意しましょう)

片手モード2

「Gboardの設定」画面が表示されるので、「設定」をタップします。

片手モード3

「設定」画面が表示されるので、「片手モード」をタップします。

片手モード5

「片手モード」という「メニュー」が表示されます。

この「メニュー」で、「左手モード」か「右手モード」になっていた場合は、「オフ」をタップします。(「左手モード」は、キーボードが左側に寄った形で横幅が小さくなっており、「右手モード」はキーボードが右に寄った形で横幅が小さくなっています)

片手モード6

「オフ」をタップすると、「片手モード」の項目が「オフ」に切り替わります。(「片手モード」の項目が「オフ」に切り替わっていない場合は、もう一度「片手モード」をタップして、「メニュー」から「オフ」をタップしてください)

片手モード7

「片手モード」が「オフ」になったのを確認したら、もとの画面にもどり、キーボードの横幅がもとの大きさにもどっているか確認してみてください。

キーボードの高さの設定を確認する

キーボードの高さが低くなってしまった場合は、高さの設定を確認してみましょう。

キーボードの高さの設定を確認するには、

高さの設定

Androidスマホの画面にキーボードを表示して、「歯車」のアイコンをタップします。

高さの設定2

「Gboardの設定」画面が表示されるので、「設定」をタップします。

高さの設定3

「設定」画面が表示されるので、「キーボードの高さ」をタップします。

高さの設定5

「キーボードの高さ」という「メニュー」が表示されます。

この「メニュー」で、「やや低い」、「低い」、「最低」となっていた場合は、「標準」をタップします。(この「メニュー」で表示される選択肢はそのまま、表示されるキーボードの高さになります。「やや高い」、「高い」、「最高」をタップすると、キーボードはより高く表示されるので注意しましょう)

高さの設定6

「標準」をタップすると、「キーボードの高さ」の項目が「標準」に切り替わります。(「キーボードの高さ」の項目が「標準」に切り替わっていない場合は、もう一度「キーボードの高さ」をタップして、「メニュー」から「標準」をタップしてください)

高さの設定7

「キーボードの高さ」が「標準」になったのを確認したら、もとの画面にもどり、キーボードの高さがもとの状態にもどっているか確認してみてください。

フローティングがオンになっていないか確認する

キーボードが小さくなったというよりも、浮かんでいる感じだったり、ズレてしまっているという場合は、フローティングがオンになっていないか確認しましょう。(フローティングとは、英語でいう「floating」のことで、日本語に直訳すると、「浮かんでいる」、「流動している」といった意味になります。わかりやすくいうと、キーボードが浮かんでいる、流動している状態になっているということです)

フローティングがオンになっていないか確認するには、

フローティング

Androidスマホの画面にキーボードを表示して、「・・・」のアイコンをタップします。(「・・・」のアイコンにはついては、上記のような3つの点が横にならんだ形のアイコンになります)

フローティング2

フローティングがオンになっている状態だと、上記のように「フローティング」のアイコンに斜線がかかっています。

「フローティング」のアイコンに斜線がかかっていたら、「フローティング」のアイコンをタップします。

フローティング3

「フローティング」のアイコンをタップしたら、キーボードが浮かんでいたり、ズレている状態がきちんと直っているか確認してみてください。

どうやってもキーボードを大きくできない場合は?

「片手モード」のオフ、「高さ」の調整、「フローティング」のオフなどを行ってみても、「キーボードを大きくすることができない」、「もとの大きさにもどすことができない」という場合は、Androidスマホが故障している可能性があります。

Androidスマホが故障している場合、個人の力ではどうしようもありません。

契約している携帯電話会社のサポートなどに相談してみましょう。

また、ある程度長くAndroidスマホを使っている場合は、これを機会に新しいスマホに買い替えるのもいいでしょう。

スマホの機能と使いやすさは、どんどん進化しています。

特別な理由でもないかぎり、古いスマホにこだわることもないでしょう。

「新しいスマホに買い替えたいけど、わざわざショップまで行って、長時間待たされるのは面倒だな・・・」と感じる人は、オンラインから手続きする方法がおすすめです。

オンラインから手続きすると、

  • わざわざショップまで行く必要がない。
  • 待ち時間なしで、24時間いつでも手続きが可能。
  • 新しいスマホを無料で自宅まで届けてくれる。
  • オンライン限定のお得なキャンペーンを利用できる。

などのメリットがあります。

時間やお金を節約したい人には、うってつけですね。

オンラインから手続きする場合は、こちらからどうぞ。

まとめ

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、キーボードが小さくなってしまった場合の対処法についてくわしく解説してみました。

この記事の内容をまとめてみると、

  • キーボードが小さくなってしまう原因として、「片手モードになっている」、「キーボードの高さが低く設定されている」、「フローティングがオンになっている」などが考えられる。
  • まずは、キーボードの横幅、高さ、ズレなど、どの部分が小さくなってしまったのかを確認する。
  • 片手モードになっていないか確認する。
  • キーボードの高さの設定を確認する。
  • フローティングがオンになっていないか確認する。
  • どうやってもキーボードを大きくできない場合は、Androidスマホが故障している可能性があるので、契約している携帯電話会社のサポートなどに相談するか、新しいスマホに買い替える。

となります。

Androidスマホの画面に表示されるキーボードが小さいままだと、見づらい上に使いにくといったデメリットばかりです。

ぜひこの記事を参考にして、キーボードをもとの大きさに修正してみてください。

関連記事

参考

 

この記事を書いた人
筑波 遼(つくば りょう)

ガジェットをこよなく愛するフリーランスのエンジニア。できるだけわかりやすく、かんたんに解説するようにしています。

スポンサーリンク