【Android】アプリがダウンロードできない(インストールできない)場合の対処法

アプリがダウンロードできない

Androidスマホを利用していて困るのが、アプリをダウンロードしようとしてもできない、インストールしようとしてもできない場合です。

場合によっては、GooglePlayストアでお目当てのアプリを検索しても見つからず、ダウンロードできないこともあります。

この記事では、様々な理由でアプリをダウンロードできない、インストールできない場合の対処法を解説します。

スポンサーリンク
かんたんブログのレクタングル広告(大)

スマホがきちんとネットに接続されているのか?

初歩的な問題ですが、まずはスマホがきちんとネットに接続できているのかどうかを確認しておくべきです。

GoogleChromeなどのブラウザからネットにアクセスして、確認してみてください。

ダウンロードできない2

きちんとネットに接続できた場合でも、ネットの通信速度が異様に遅いと感じたときは、キャリア(携帯電話会社)から通信速度制限を受けている可能性があります。

スマホは契約プランによって、月間に使えるデータ使用量に上限があります。

月間に使えるデータ使用量の上限を超えてしまうと、ペナルティとしてネットの通信速度に制限がかかってしまい、通信速度が送受信ともに最大128kbpsまで低下してしまいます。

LTEの通信速度が公称値で100Mbps程度ですので、128kbpsというのは約781分の1です。

Webページを表示するだけでもかなり待たされることになり、アプリをダウンロードするにはかなり厳しいでしょう。

月間にどのくらいのデータを使用したかを確認するには、

ダウンロードできない3

スマホのホーム画面を上から下にスワイプします。

ダウンロードできない5

設定アイコン(歯車のアイコン)を見つけてタップします。

ダウンロードできない6

設定画面が表示されるので、データ使用をタップします。

ダウンロードできない7

データ使用画面が表示され、ここで月間のデータ使用量を確認することができます。

契約しているプランの月間のデータ使用量の上限を超えている場合は、通信速度制限がかかっています。

キャリア(携帯電話会社)から、通信速度制限をかけられてしまった場合はこちらの記事を参考にしてください。

ドコモ、au、ソフトバンクの通信速度制限はいつまで続くのか?解除されるのはいつ?

スマホの再起動を試してみる

ネットの接続状態に問題がない場合は、スマホの再起動を試してみてください。

GooglePlayのヘルプでは、ネットの接続が有効であることを確認できても、アプリのダウンロードに問題がある場合は、スマホを再起動するよう推奨しています。

スマホを再起動するには、電源ボタンを長押ししてください。

ダウンロードできない8

メニューが表示されるので、再起動をタップします。

再起動をタップすると、スマホの電源が自動的にオフになり、自動的に再起動してくれます。

スマホの再起動には、スマホ内をメンテナンスしてくれる効果があります。

ちょっとした不具合程度なら、スマホを再起動することによって改善される可能性があります。

GooglePlayストアでアプリを検索しても見つからない場合は?

GooglePlayストアでお目当てのアプリを検索しても見つからず、アプリをダウンロードできない場合もあります。

まずは入力したキーワードに、スペルミスや入力ミスがないか確認してみてください。

ダウンロードできない9

入力したキーワードに間違いがなければ、お目当てのアプリが日本国内で利用できるものなのか、そのアプリの公式ホームページなどで確認してみてください。

アプリによっては、特定の国や地域でしか使えないよう限定されているものもあります。

また、Googleの規約に反して削除されるアプリもあります。

例えば、あなたがダウンロードしようとしていた無料の音楽アプリが、実は著作権上の問題があり、Googleに規約に反していると判断された場合は、GooglePlayストアから削除され、ダウンロードすることができなくなります。

GooglePlayストアでは、莫大な数のアプリが公開されており、Googleもいちいちどのアプリを削除したなどの情報は公開していません。

このあたりについては、自分で調べるしか方法はないようです。

アプリの新規リリース時には、GooglePlayストアの検索に反映されるまで時間がかかることもある

アプリの新規リリース時には、GooglePlayストアの検索に反映されるまである程度時間がかかります。

人気のゲームアプリが新規リリースしたときなど、GooglePlayストアで検索してみたけど見つからないというパターンがよくありますが、単に検索に反映されるまで時間がかかっているだけです。

人気のゲームアプリなどは、リリースが開始されると公式ホームページや公式Twitterで、アプリのダウンロード先のURLを告知してくれる場合がほとんどです。

早くアプリをダウンロードしたい場合は、公式ホームページや公式Twitterが告知してくれたURLから、ダウンロードするようにしてください。

アプリの提供元に問題はないか?

ユーザー数の多いアプリなどは、アップデートが行われるとアクセスが集中してしまい、障害が発生してしまう場合もあります。

アプリの提供元で障害が起こってしまった場合には、ダウンロードができなくなる可能性が高くなります。

ユーザー数が多いアプリがダウンロードできない場合は、提供元に障害などが起こっていないか、公式ホームページや公式Twitterなどで調べてみてください。

障害などでダウンロードができない場合は、障害が収まるまで待ってみてください。

自動アップデートと重なっていないか?

Androidスマホには、自動でアプリをアップデートしてくれる機能がついています。

この機能を使うと、アプリを常に最新の状態にしてくれるため、アプリのセキュリティや安定性が向上します。

たまたま、この自動アップデートの最中に新しいアプリをダウンロードしようとすると、既存のアプリのアップデートが優先されてしまいます。

この自動アップデートと重複する事態を避けるには、

ダウンロードができない10

GooglePlayストアのアイコンをタップします。

ダウンロードができない11

GooglePlayストアを開いたら、画面左上のハンバーガーアイコン(三本線のアイコン)をタップします。

ダウンロードができない12

GooglePlayストアのメニューが表示されるので、下に移動します。

ダウンロードができない14

設定をタップします。

ダウンロードができない15

GooglePlayストアの設定画面が表示されるので、アプリの自動更新をタップします。

ダウンロードができない16

メニューが表示されるので、自動更新は一切しないをタップすると、Androidスマホが自動アップデートを停止します。

できれば、アプリのダウンロードが終了したら、常に自動更新するか、Wi-Fiに接続しているときに自動更新するに設定を戻しておいてください。(データ通信量を節約したい場合は、Wi-Fiに接続しているときに自動更新するに設定しておくことをすすめします)

きちんと日付と時刻の自動設定がされているのかを確認する

Androidスマホには、正確な日付と時刻を自動的に取得してくれる日付と時刻を自動設定という機能があります。

デフォルトの状態では、この機能がオンになっているはずですが、何らかの不具合や誤操作などによってこの機能が使えず、スマホが正確な日付と時刻を取得できない場合があります。

スマホが正確な日付と時刻を取得できない状態だと、アプリのダウンロードだけでなく、アプリのアップデートもできなくなる可能性があります。

きちんと日付と時刻を自動設定がオンになっているのか確認するには、

ダウンロードができない17

スマホのホーム画面を、上から下にスワイプします。

ダウンロードができない18

設定アイコン(歯車のアイコン)を見つけてタップします。

ダウンロードができない19

設定画面が表示されるので、日付と時刻をタップします。

ダウンロードができない20

日付と時刻画面が表示されます。

この画面で、日付と時刻を自動設定がオンになっているか確認することができます。

万が一、日付と時刻を自動設定がオフになっている場合は、きちんとオンの状態に直してください。

AndroidOSやソフトウェアが最新バージョンなのか確認する

アプリによっては、古いバージョンのAndroidOSに対応しておらず、ダウンロードできない、インストールできない可能性があります。

スマホのAndroidOSやソフトウェアは、できるだけ最新のバージョンを使うようにするべきです。

使っているスマホのAndroidOSやソフトウェアが、最新バージョンなのか確認するには、

ダウンロードできない21

スマホのホーム画面を、上から下にスワイプします。

ダウンロードできない22

設定アイコン(歯車のアイコン)を見つけてタップします。

ダウンロードできない23

設定画面が表示されるので、端末情報をタップします。

ダウンロードできない24

携帯電話の状態画面が表示されるので、ソフトウェアアップデートをタップします。

ダウンロードできない25

ソフトウェアアップデート画面が表示されるので、今すぐ更新をタップします。

ダウンロードできない26

スマホのAndroidOSやソフトウェアが最新のバージョンであれば、上記のように「アップデートの必要はありません。このままご利用ください。」と表示されます。

最新のバージョンでない場合は、そのままアップデートしてください。

スマホの空き容量は足りているのか確認する

スマホの空き容量が足りない場合、アプリがダウンロードできません。

また、容量が空いていたとしても、空き容量が1GB以下になるとアプリのダウンロードやアップデートができなくなる可能性があります。

スマホの空き容量を確認するには、

ダウンロードできない27

スマホのホーム画面を、上から下にスワイプします。

ダウンロードできない28

設定アイコン(歯車のアイコン)を見つけてタップします。

ダウンロードできない29

設定画面が表示されるので、ストレージとメモリをタップします。

ダウンロードできない30

ストレージとメモリ画面が表示され、ストレージの使用状況が確認できるようになっています。(ストレージとは、スマホの内部にデータを保存する領域のことです)

ストレージの使用状況の下のタップして詳細を表示をタップすると、より詳細なストレージの使用状況を確認することができます。

ダウンロードできない31

スマホの空き容量を確認し、空き容量が少ない場合は、不要なアプリ、動画、写真など削除して、空き容量を増やしてください。

削除したくない動画や写真などは、パソコンや外部メディアへコピーしてから削除しておくといいでしょう。

写真、動画、アプリ以外にも、電子書籍や動画視聴アプリを利用している場合は、それぞれのアプリで、スマホにダウンロード済みのデータを削除することができます。

読み終わった漫画や見終わった映画などを削除するのもいいかもしれません。

ある程度の容量が整理できたら、アプリをダウンロードしてみてください。

GooglePlayストアのキャッシュとデータを削除する

GooglePlayストアを素早く表示してくれるキャッシュですが、あまりにもキャッシュが多く蓄積されてしまうとダウンロードに影響を与える可能性が出てきます。

また、GooglePlayストア内でなんらかのエラーが起こっている場合、データを削除することでエラーを解消することができます。

アプリのダウンロードができない場合には、GooglePlayストアのキャッシュとデータを削除しておきましょう。

GooglePlayストアのキャッシュとデータを削除するには、

ダウンロードできない32

スマホのホーム画面を、上から下にスワイプします。

ダウンロードできない33

設定アイコン(歯車のアイコン)を見つけてタップします。

ダウンロードできない34

設定画面が表示されるので、アプリをタップします。

ダウンロードできない35

アプリ画面が表示されるので、GooglePlayストアを探してタップしてください。

ダウンロードできない36

GooglePlayストアのアプリ情報が表示されるので、ストレージをタップします。

ダウンロードできない37

GooglePlayストアのストレージ画面が表示されます。

この画面で、データを削除キャッシュを削除をタップすれば、GooglePlayストアのデータとキャッシュを削除することができます。

どうしてもアプリがダウンロードできない場合は?

Androidスマホにアプリをダウンロードできない場合の改善点を挙げてみましたが、全部試してみてもダメな場合は、専門家に頼るべきです。

Androidスマホで、アプリをダウンロードするという作業は、比較的簡単なはずです。

もしかしたら、スマホが故障している可能性もあります。

スマホを購入した販売店、契約しているキャリア(携帯電話会社)のサポート、使っているスマホの製造メーカーのサポートなどに相談してみましょう。