【Androidスマホ】デフォルトのアプリを変更する方法

デフォルトのアプリ
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、デフォルトのアプリを変更する方法を詳しく解説します。

なお、記事の中ではGoogle Pixel 3aを使用して説明を行っています。

Androidスマホは各メーカーにより独自にカスタマイズされていることが多く、お使いのAndroidスマホによっては、この記事で紹介している項目名・メニュー名やそれらがある場所・画面デザインなどが違う場合があることをご了承ください。

Androidスマホにおけるデフォルトのアプリとは?

Androidスマホにおけるデフォルトのアプリとは、文字通り、標準として設定されているアプリを意味します。

ブラウザアプリやホームアプリなどの基本的なアプリについては、Androidスマホの様々な機能と連携しています。

そのため、よく利用するアプリをデフォルトのアプリに設定しておくと、より便利にAndroidスマホを活用することが可能です。

デフォルトのアプリを変更する方法

デフォルトのアプリを変更するには、

デフォルトのアプリ2

Androidスマホの「ホーム」画面を開き、画面を下から上に2回スワイプします。

デフォルトのアプリ3

「アプリの一覧」画面が表示されるので、「設定」をタップします。(「設定」が「ホーム」画面にある場合は、「ホーム」画面からタップしてください)

デフォルトのアプリ5

「設定」画面が表示されるので、「アプリと通知」をタップします。

デフォルトのアプリ6

「アプリと通知」の画面が表示されるので、「詳細設定」をタップします。

デフォルトのアプリ7

「詳細設定」をタップすると、新しい項目が表示されるので、「デフォルト アプリ」をタップします。

デフォルトのアプリ8

「デフォルトのアプリ」画面が表示されます。

この画面で「デフォルトのアプリを変更したい分野のアプリ」をタップします。

ここでは、例として「ブラウザアプリ」をタップします。

デフォルトのアプリ9

「ブラウザアプリ」をタップすると、上記のように「デフォルトのブラウザアプリ」を選択できるようになります。

この画面で、デフォルトのブラウザアプリを変更できます。

まとめ

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、デフォルトのアプリを変更する方法を詳しく解説してみました。

デフォルトのアプリを設定しておくと、Androidスマホの様々な機能と連携されるようになっています。

ぜひ、よく利用するアプリを各分野のデフォルトに変更してみてください。

関連記事

Androidスマホの使い方の詳細については、こちらをどうぞ。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク