【Android】スマホの動作が重くなってきた場合の解消法

解消法
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事では、Androidスマホを長く使っていて動作が重くなってきたり、不安定になってなってきた場合の解消法を詳しく解説します。

なお、記事の中ではXperia X Performanceを使用して説明を行っています。

Androidスマホは各メーカーにより独自にカスタマイズされていることが多く、お使いのAndroidスマホによっては、この記事で紹介している項目名・メニュー名やそれらがある場所・画面デザインなどが違う場合があることをご了承ください。

まずはAndroidスマホを再起動してみる

Androidスマホの動作が重い、不安定だと感じた場合はまずは再起動を行ってみてください。

Androidスマホの再起動にはメンテナンス効果があり、ちょっとした問題程度であれば解消される可能性があります。

解消法2

Androidスマホの「電源ボタン」を長押しすると「メニュー」が表示されるので、「再起動」をタップしてください。

「再起動」をタップすると、自動的にAndroidスマホの電源が切れて再起動するようになっています。

起動しているアプリをきちんと終了する

Androidスマホでは、「ホームボタン」をタップしてもアプリが非表示になるだけで、きちんとアプリが終了されません。

非表示になったアプリは、バックグラウンドで待機している状態になります。(バックグラウンドで待機しているアプリは、再度使う場合に前回使った状態から使えるという利点があります)

あまりに多くのアプリがきちんと終了されず、バックグラウンドで待機している状態になると、Androidスマホのメモリが圧迫されて、動作が重くなったり、不安定になったりすることがあります。

あまり使わないアプリはきちんと終了させておくべきです。

解消法3

バックグラウンドで待機中になっているアプリは、「タスクボタン」をタップすると確認することができます。

解消法5

「タスクボタン」をタップすると、バックグラウンドで待機中になっているアプリの一覧が表示されます。

きちんと終了させたいアプリは、右上の「×印」をタップしてきちんと終了させておいてください。

自動でストレージとメモリを最適化するように設定しておく

Androidスマホの動作が重くなったり、不安定にならないように、あらかじめ自動でストレージとメモリを最適化するように設定しておくと便利です。

自動でストレージとメモリを最適化するように設定するには、

解消法6

Androidスマホの「ホーム」画面を上から下にスワイプします。

解消法7

「アプリの一覧」が表示されるので、「設定(歯車のアイコン)」をタップします。

解消法8

「設定」画面が表示されるので、「ストレージとメモリ」をタップします。

解消法9

「ストレージとメモリ」画面が表示されるので、「スマートクリーナー」をタップします。

「スマートクリーナー」をオンにすると、スマートクリーナーの項目にあるように、使用頻度に応じて自動でストレージとメモリを最適化してくれます。

アプリのキャッシュデータをまとめて削除する

「ストレージとメモリ」画面から、アプリのキャッシュデータをまとめて削除して、Androidスマホをリフレッシュすることもできます。

アプリのキャッシュデータをまとめて削除するには、

解消法10

「ストレージの使用状況」の下にある「タップして詳細を表示」をタップします。

解消法11

「内部共有ストレージ」画面が表示されるので、「キャッシュデータ」をタップします。

解消法12

「キャッシュデータ」をタップすると、「キャッシュデータを削除しますか?」という確認画面が表示されます。

「OK」をタップすると、すべてのキャッシュデータが削除されます。

解消法14

キャッシュデータをまとめて削除してみたところ、1回でストレージの使用状況が62%から57%とかなり改善されました。

アプリのキャッシュデータについては、一定期間ごとに削除するようにしておくといいでしょう。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク