Androidスマホが勝手に再起動してしまう場合の対処法

勝手に再起動

スポンサーリンク


この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、端末が勝手に再起動してしまう場合の対処法についてくわしく解説します。

Androidスマホが勝手に再起動してしまう原因は?

Androidスマホを利用していると、何もしていないにもかかわらず、

  • 端末が勝手に再起動してしまう。
  • 端末が再起動を繰り返す。
  • 端末の電源が勝手にシャットダウンしてしまう。

などの不具合が起こることがあります。

なぜ、こういった不具合が起こってしまうのでしょうか?

これらの不具合が起こってしまう原因としては、

  • 端末が異常に熱くなっている。
  • 最新のアップデートに対応していない。
  • ストレージの空き容量が圧迫されている。
  • Androidスマホが故障している。

などの理由が考えられます。

どの原因によってAndroidスマホが勝手に再起動してしまうのか特定するのは難しいため、以下の対処法をやりやすいものから試してみてください。。

 Androidスマホが勝手に再起動してしまう場合の対処法

Androidスマホの電源をオフにして放熱を行う

直接日光が当たる場所などでゲームアプリや動画アプリなどを長時間利用していると、端末が異常に熱くなってしまう可能性があります。(気温の高い夏場などは、要注意です)

端末が異常に熱くなることでAndroidスマホが不安定化し、勝手に再起動してしまう要因となってしまいます。

端末が異常に熱くなってしまった場合は、Androidスマホの電源をオフにして放熱を行うことが効果的です。

Androidスマホの電源をオフにするには、端末の側面にある「電源ボタン」を長押しします。

電源をオフ

「電源ボタン」を長押しして、画面が変化したら「電源を切る」をタップします。(「電源ボタン」を長押しして変化する画面は、Androidスマホの機種やOSのバージョンによって異なるため、注意しましょう。とりあえず「電源を切る」というところを確認して、それをタップすればOKです)

「電源を切る」をタップすると、自動的にAndroidスマホの電源がオフになります。

Androidスマホの電源がオフになったら、直接日光の当たらない日陰や室内などで放熱を行ってください。

どの程度の時間放熱を行えばいいかについては、ケースバイケースなので、自分でAndroidスマホを触ってみて、きちんと放熱されたと判断できるまでは電源を入れないようにしてください。(Androidスマホは電源がオフの状態から、端末の側面にある「電源ボタン」を長押しすれば、電源がオンになります)

注意点として、パソコンなどは排熱用のファンで内部温度を下げることができますが、Androidスマホは小型化や防水設計により、内部温度が下がりにくくなっています。

Androidスマホを放熱する場合は、十分な時間を取るようにしてください。

冷蔵庫に入れるなど急激に冷やすのはNG

Androidスマホが異常に熱くなってしまった場合、電源をオフにして放熱を行うことはすでに述べたとおりです。

しかし、「そんなことをするより手っ取り早く、冷蔵庫に入れるなどしてさっさと冷やしたほうがいいんじゃないのか?」という疑問が出てくるかもしれません。

結論から言うと、Androidスマホを急激に冷やす行為はNGです。

Androidスマホを急激に冷やしてしまうと、端末の内部で結露が発生してしまう可能性があります。(結露とは、水滴ができて端末内部に付着してしまうことです)

Androidスマホの内部に結露が発生してしまうと、故障の原因となってしまいます。

Androidスマホの放熱を行う際は、自然なペースで冷ますようにしましょう。

Androidスマホの電源をオフにして放熱しているときの充電もNG

Androidスマホの電源をオフにして、放熱しているときの充電もNGです。

「端末の電源をオフにして、放熱している間は特にやることがないから、充電でもしておこうかな」などと、ついつい思ってしまうかもしれません。

しかしながら、充電を行う=電力をバッテリーに供給する行為であり、せっかく放熱しているにもかかわらず、端末が冷めにくくなってしまいます。

Androidスマホの電源をオフにして放熱する際は、絶対に充電しないようにしてください。

 最新のアップデートに対応する

Android ヘルプによると、Android OSやセキュリティ面のアップデートを行わず、最新のバージョンに対応していないと、Androidスマホが勝手に再起動してしまう可能性があるとしています。

Androidスマホのアップデートを行わずに放置したままの状態の場合は、最新の状態へアップデートしましょう。

Androidスマホを最新の状態へアップデートするには、

Android OS

「設定」をタップします。(「設定」は、上記のような歯車の形のアイコンです。「ホーム」画面か「アプリの一覧」画面にあります)

Android OS2

「設定」画面が表示されるので、「システム」をタップします。

Android OS3

「システム」の画面が表示されるので、「詳細設定」をタップします。

Android OS5

「詳細設定」をタップすると新しい項目が表示されるので、「システムアップデート」をタップします。

Android OS6

「システムアップデート」の画面が表示されます。

この画面の右下にある「アップデートをチェック」をタップすると、現在利用しているAndroid OSやセキュリティ面のさらに新しいバージョンのアップデートがあるのかを確認し、そのままアップデートできるようになっています。

Android OSやセキュリティ面の新しいバージョンがあれば、ここからアップデートしましょう。

なお、上記のやり方でAndroidスマホのOSをバージョンアップできない場合は、こちらの記事を参考にしてください。

また、AndroidスマホのOSを最新バージョンへアップデートさせる方法について、もっとくわしく知りたいという場合は、こちらの記事を参考にしてください。

念のため、すべてのアプリも最新のバージョンへアップデートしておくべき

Androidヘルプによると、Android OSやセキュリティ面のアップデートだけでなく、すべてのアプリも最新バージョンへアップデートしておくことを推奨しています。

Android OSやセキュリティ面のアップデートだけでなく、すべてのアプリも最新バージョンへアップデートしておきましょう。

すべてのアプリをまとめて最新バージョンへアップデートさせるには、

すべてのアプリ

「Google Play ストア」をタップします。

すべてのアプリ2

「Google Play ストア」アプリが開くので、画面の右上にある「プロフィール」のアイコンをタップします。

すべてのアプリ3

上記のような「メニュー」が表示されるので、「アプリとデバイスの管理」をタップします。

すべてのアプリ5

「アプリとデバイスの管理」の画面が表示されるので、「利用可能なアップデートがあります」という項目を確認し、それをタップします。(あなたのAndroidスマホにインストールされているすべてのアプリが最新の状態で、新しいバージョンのアップデートがなければ、「利用可能なアップデートがあります」とは表示されず、「すべてのアプリは最新の状態です」と表示されます)

すべてのアプリ6

「保留中のダウンロード」という画面が表示されるので、画面の右上にある「すべて更新」をタップしてください。

「すべて更新」をタップすると、すべてのアプリが最新のバージョンにアップデートされます。

なお、上記のやり方でアプリのアップデートができない場合は、こちらの記事を参考にしてください。

また、アプリのアップデートについて、もっとくわしく知りたいという場合は、こちらの記事を参考にしてください。

ストレージの空き容量を増やす

使わなくなったアプリはそのまま、撮影した写真や動画はオンラインストレージを活用していないなど、何の対策もしないまま容量を増やしていくと、ストレージの容量が圧迫されてしまいます。(ストレージとは、Androidスマホ内で音楽や写真などのデータが保存される場所のことです)

Androidヘルプによると、ストレージの容量が圧迫されると、Androidスマホが勝手に再起動してしまう可能性があるとしています。。

ストレージの容量が圧迫されている場合は、当然ながらストレージの空き容量を増やすべきです。

まずはGoogleフォトを活用すべき

ストレージの空き容量を増やすには、まずはGoogleフォトを活用しましょう。

Googleフォトは撮影した写真や動画を、15GBまで無料でクラウドストレージにバックアップすることができます。

撮影した写真や動画を自動的にバックアップするように設定して、ストレージ内の写真や動画は削除するようにしましょう。

撮影した写真や動画を自動的にバックアップするように設定するには、

Googleフォト

「Googleフォト」をタップします。

Googleフォト2

「Googleフォト」アプリが開くので、画面の右上にある「プロフィール」のアイコンをタップします。

Googleフォト3

上記のような「メニュー」が表示されるので、「バックアップがオフになっています」の下側にある「バックアップをオンにする」をタップします。(ここで「バックアップがオフになっています」と表示されず、「バックアップが完了しました」と表示されている場合は、撮影した写真や動画を自動的にバックアップするように設定されています)

Googleフォト5

「バックアップと同期の設定」という「メニュー」が表示されるので、自分が使っているGoogleアカウントを確認してから「確認」をタップします。

Googleフォト6

「確認」をタップすると、撮影した写真や動画を自動的にバックアップするように設定されます。

「バックアップがオフになっています」と表示されていたところが「バックアップが完了しました」と表示されるように変化しているはずなので、確認してみてください。

なお、Googleフォトで撮影した写真や動画をバックアップされるように設定すると、Wi-Fi接続時に撮影した写真や動画が自動的にバックアップされます。(Wi-Fi接続時に撮影した写真や動画がバックアップされる点に注意してください)

撮影した写真や動画がWi-Fi接続時にバックアップされたのを確認したら、ストレージ内に保存してある写真や動画も削除しておきましょう。(Androidスマホのストレージ内から、撮影した写真や動画を削除してしまってもまったく問題ありません。バックアップしておけば、撮影した写真や動画をGoogleフォトから好きなときに見ることができます)

なお、ストレージ内に保存してある写真や動画は、かんたんに削除できるようになっています。

ストレージ内に保存してある写真や動画を削除するには、

Googleフォト7

「空き容量を〇〇〇増やす」をタップします。

Googleフォト8

上記のような画面に切り替わるので、再度「空き容量を〇〇〇増やす」をタップします。

これで、Androidスマホのストレージ内に保存してある、撮影した写真や動画が削除されます。

さらに不要なアイテムをどんどん削除する

Googleフォトの活用の次は、不要なアイテムをどんどん削除しましょう。

Androidスマホではほとんど使われないアプリなど、不要なアイテムをまとめて削除することができます。

不要なアイテムをまとめて削除するには、

不要なアイテム

「設定」をタップします。

不要なアイテム2

「設定」画面が表示されるので、「ストレージ」をタップします。

不要なアイテム3

「ストレージ」の画面が表示されるので、「ストレージを管理」という青いボタンをタップします。

不要なアイテム5

「Files」アプリが開くので、「削除の候補」を確認してみましょう。

「削除の候補」には、ほとんど使われないアプリやファイルなどが表示されるので、確認しながら不要なアイテムをどんどん削除してみましょう。

さらにストレージの空き容量を増やすには?

ここまでGoogleフォトの活用や不要なアイテムの削除など、ストレージの空き容量を増やす効果的な二つの方法について解説してきました。

しかしながら、さらにストレージの空き容量を増やす方法を知りたいという場合は、こちらの記事を参考にしてください。

どうやっても改善されない場合は?

ここまでAndroidスマホが勝手に再起動してしまう場合の対処法を解説してきましたが、どうやっても改善されない場合は端末が故障している可能性があります。

Androidスマホが故障している場合は、個人の力ではどうしようもありません。

契約している携帯電話会社のサポートなどに相談してみましょう。

また、Androidスマホを長く使っている場合は、これを機会に新しいスマホに買い替えるのもいいでしょう。

「新しいスマホに買い替えたいけど、わざわざショップまで行って、長時間待たされるのは面倒だな・・・」と感じる人は、オンラインから手続きする方法がおすすめです。

オンラインから手続きすると、

  • わざわざショップまで行く必要がない。
  • 待ち時間なしで、24時間いつでも手続きが可能。
  • 新しいスマホを無料で自宅まで届けてくれる。
  • オンライン限定のお得なキャンペーンを利用できる。

などのメリットがあります。

時間やお金を節約したい人には、うってつけですね。

オンラインから手続きする場合は、こちらからどうぞ。

まとめ

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、端末が勝手に再起動してしまう場合の対処法についてくわしく解説してみました。

この記事の内容をまとめてみると、

  • Androidスマホの電源をオフにして放熱を行う。
  • 冷蔵庫に入れるなど、急激に冷やすのはNG。
  • Androidスマホの電源をオフにして放熱しているときの充電もNG。
  • 最新のアップデートに対応する。
  • 念のため、すべてのアプリも最新のバージョンへアップデートしておくべき。
  • Androidスマホのストレージの空き容量を増やす。
  • ストレージの空き容量を増やすには、Googleフォトを活用すべき。
  • さらに、不要なアイテムをどんどん削除する。
  • どうやっても改善されない場合は、契約している携帯電話会社のサポートなどに相談するか、新しいスマホに買い替える。

となります。

ぜひ、この記事をじっくり読んでみて、最良の対処法を試してみてください。

関連記事

参考

 

この記事を書いた人
筑波 遼(つくば りょう)

ガジェットをこよなく愛するフリーランスのエンジニア。できるだけわかりやすく、かんたんに解説するようにしています。

スポンサーリンク