【Androidスマホ】YouTubeアプリが更新できない場合の対処法

YouTubeアプリが更新できない

スポンサーリンク


AndroidスマホからYouTubeを見ようとすると、「YouTubeを更新してください」などと表示され、YouTubeアプリの更新をすすめられることがあります。

しかしながら、YouTubeアプリがうまく更新できずに困ってしまう場合もありますね。

そこでこの記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、YouTubeアプリが更新できない場合の対処法についてくわしく解説します。

まずはYouTubeアプリの正しい更新方法を確認しよう

YouTubeアプリを更新できない場合に、やり方自体が間違っているパターンもあります。

まずはYouTubeアプリの正しい更新方法を確認してみましょう。

YouTubeアプリを更新するには、

YouTubeアプリが更新できない2

「Google Play ストア」をタップします。

YouTubeアプリが更新できない3

「Google Play ストア」アプリが開くので、画面左上にある「メニュー」アイコンをタップします。(「メニュー」アイコンは、3本の線が横に並んだ形のアイコンです)

YouTubeアプリが更新できない5

「Google Play ストアのメニュー」が表示されるので、「マイアプリ&ゲーム」をタップします。

YouTubeアプリが更新できない6

「マイアプリ&ゲーム」の画面が表示されます。

この画面で、YouTubeアプリに新しいバージョンのアップデートがあるか確認することができます。

YouTubeアプリに新しいバージョンのアップデートがある場合は、「すべて更新」をタップして、他のアプリと一緒に更新するようにしましょう。

Androidスマホでアプリをアップデートさせる方法についてもっとくわしく知りたい場合は、こちらの記事を参考にしてください。

YouTubeアプリが更新できない場合の対処法

YouTubeアプリの正しい更新方法を試してみてもダメな場合は、以下の対処法を試してみてください。

Androidスマホを再起動する

Androidスマホに不具合が生じていて、YouTubeアプリを更新できない可能性があります。

ちょっとした不具合程度なら、システムの再起動で解消される可能性があるので、Androidスマホを再起動してみましょう。

Androidスマホを再起動するには、端末の側面にある「電源ボタン」を長押しします。

Gmailが受信できない2

「電源ボタン」を長押しして、画面が変化したら「再起動」をタップします。(「電源ボタン」を長押しして変化する画面は、機種やOSのバージョンによって異なりますが、とりあえず「再起動」をタップすればOKです)

「再起動」をタップすると、自動的に端末の電源が切れ、その後に再起動されます。

インターネットの接続状況を確認する

インターネットの接続状況に問題があり、YouTubeアプリを更新できない可能性があります。

インターネットの接続状況に問題はないか確認しましょう。

インターネットの接続状況を確認するには、ブラウザアプリであるChromeからウェブサイトを見てみるのが一番です。

OSがアップデートできない8

きちんとウェブサイトを見ることができれば、問題ありません。

ただし、「ウェブサイトは見られるけど、表示されるまでに時間がかかる・・・」という場合は、インターネットの接続状況が悪い可能性があります。

そういった場合は、念のため、インターネットをつなぎ直してみましょう。

インターネットをつなぎ直すには、「機内モード」のオンオフを活用するやり方が簡単です。(「機内モード」のオンオフを活用することで、一度にWi-Fiとモバイルデータ通信をつなぎ直すことができます)

機内モードのオンオフを行うには、

ネットに繋がらない6

Androidスマホの「ホーム」画面を表示して、画面を上から下にに2回スワイプします。

ネットに繋がらない7

画面を上から下に2回スワイプすると、「クイック設定パネル」が表示されるので、「機内モード」のアイコンを確認してください。

「機内モード」のアイコンを2回タップすることで、機内モードのオンオフを行うことができます。

機内モードのオンオフを行い、インターネットをつなぎ直してみたら、再度Chromeからウェブサイトがすばやく表示されるか確認してみてください。

YouTubeアプリのキャッシュを削除する

YouTubeアプリにキャッシュが蓄積し過ぎて不具合が生じてしまい、YouTubeアプリが更新できない可能性があります。

YouTubeアプリのキャッシュを削除しましょう。

YouTubeアプリのキャッシュを削除するには、

YouTubeアプリが更新できない7

「設定」をタップします。

YouTubeアプリが更新できない8

「設定」画面が表示されるので、「アプリと通知」をタップします。

YouTubeアプリが更新できない9

「アプリと通知」の画面が表示されるので、「〇〇個のアプリをすべて表示」をタップします。

YouTubeアプリが更新できない10

「アプリ情報」の画面が表示されるので、「YouTube」をタップします。

YouTubeアプリが更新できない11

「YouTubeのアプリ情報」の画面が表示されるので、「ストレージとキャッシュ」をタップします。

YouTubeアプリが更新できない12

「YouTubeのストレージとキャッシュ」の画面が表示されるので、「キャッシュを削除」をタップします。

これでYouTubeアプリのキャッシュが削除されます。

YouTubeアプリが更新できない14

YouTubeアプリのキャッシュが削除し終わったら、「キャッシュ」の項目が「0B」になっているか確認しましょう。

「キャッシュ」の項目が「0B」に変化していない場合は、きちんとYouTubeアプリのキャッシュが削除されていません。

もう一度「キャッシュを削除」をタップしましょう。

上記のやり方を行ってみても、YouTubeアプリのキャッシュを削除できない場合は、こちらの記事を参考にしてください。

「Google Play ストア」アプリのキャッシュを削除する

念のため、YouTubeアプリだけでなく、アプリのアップデートに関連する「Google Play ストア」アプリのキャッシュも削除しておきましょう。

「Google Play ストア」アプリのキャッシュを削除するには、

アプリをアップデートできない2

「設定」をタップします。

アプリをアップデートできない3

「設定」画面が表示されるので、「アプリと通知」をタップします。

アプリをアップデートできない5

「アプリと通知」の画面が表示されるので、「〇〇個のアプリをすべて表示」をタップします。

アプリをアップデートできない6

「アプリ情報」の画面が表示されるので、「Google Play ストア」をタップします。

アプリをアップデートできない7

「Google Play ストアのアプリ情報」の画面が表示されるので、「ストレージとキャッシュ」をタップします。

アプリをアップデートできない8

「Google Play ストアのストレージとキャッシュ」の画面が表示されるので、「キャッシュを削除」をタップします。

これで、「Google Play ストア」アプリのキャッシュが削除されます。

AndroidのOSに新しいバージョンのアップデートがないか確認する

AndroidのOSを最新のバージョンにアップデートすることで、YouTubeアプリを更新できない不具合が解消される可能性があります。

AndroidのOSに新しいバージョンのアップデートがないか確認しましょう。

AndroidのOSに新しいバージョンのアップデートがないか確認するには、

バッテリー残量の表示がおかしい2

「設定」をタップします。

バッテリー残量の表示がおかしい3

「設定」画面が表示されるので、「システム」をタップします。

バッテリー残量の表示がおかしい5

「システム」の画面が表示されるので、「詳細設定」をタップします。

バッテリー残量の表示がおかしい6

新しい項目が表示されるので、「システムアップデート」をタップします。

バッテリー残量の表示がおかしい7

「システムアップデート」の画面が表示されます。

この画面の右下にある「アップデートを確認」をタップすると、現在利用しているAndroidのOSに新しいバージョンがあるのかどうかを確認し、新しいバージョンがあればアップデートできるようになっています。

新しいバージョンがあれば、きちんとアップデートしましょう。

上記のやり方でAndroidスマホでOSをバージョンアップできない場合は、こちらの記事を参考にしてください。

ストレージの空き容量が十分あるか確認する

Androidヘルプによると、ストレージの空き容量が10%以下になってしまうと、Androidスマホに不具合が生じてしまう可能性があります。

Androidスマホのストレージの空き容量を確保するようにしましょう。

Androidスマホのストレージの空き容量を確保しておくには、

  • 撮影した写真や動画はGoogleフォトにバックアップして、端末からは削除する。
  • 不要になったアプリは、削除する。
  • 定期的にアプリのキャッシュを削除する。
  • 不要になったファイルは、削除する。
  • ダウンロードした映画や音楽などのコンテンツは、不要になった時点で削除する。

などの対処法が有効です。

Androidスマホのストレージの空き容量を確保する方法についてもっとくわしく知りたいという場合は、こちらの記事を参考にしてください。

YouTube側に問題が起こっていないか確認する

あなたの側にまったく問題はなくても、YouTube側で障害が起こっているなどの問題でYouTubeアプリが更新できない可能性があります。

YouTube側で何らかの問題が起こっていないか確認しましょう。

速報性ということを考慮すると、YouTube側で何らかの問題が起こっていないか確認するには、Twitterで「YouTube 障害」などと検索してみるのが手っ取り早い手段となります。

Twitterで検索を行い、自分と同じようにYouTubeアプリを更新できずに困っている人たちがいないか確認してみましょう。

どうやってもYouTubeアプリが更新できない場合は?

ここまでの対処法を試してみてもダメな場合は、Androidスマホが故障している可能性があります。

Androidスマホが故障している場合は、個人の力ではどうしようもありません。

契約している携帯電話会社のサポートなどに相談してみましょう。

また、Androidスマホを長く使っている場合は、これを機会に新しいスマホに買い替えるのもいいでしょう。

「新しいスマホに買い替えたいけど、わざわざショップまで行って、長時間待たされるのは面倒だな・・・」と感じる人は、オンラインから手続きする方法がおすすめです。

オンラインから手続きすると、

  • わざわざショップまで行く必要がない。
  • 待ち時間なしで、24時間いつでも手続きが可能。
  • 新しいスマホを無料で自宅まで届けてくれる。
  • オンライン限定のお得なキャンペーンを利用できる。

などのメリットがあります。

時間やお金を節約したい人には、うってつけですね。

オンラインから手続きする場合は、こちらからどうぞ。

まとめ

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、YouTubeアプリが更新できない場合の対処法についてくわしく解説してみました。

この記事の内容をまとめてみると、

  • まずはYouTubeアプリの正しい更新方法を確認する。
  • Androidスマホを再起動する。
  • インターネットの接続状況を確認する。
  • YouTubeアプリのキャッシュを削除する。
  • 「Google Play ストア」アプリのキャッシュを削除する。
  • AndroidのOSに新しいバージョンのアップデートがないか確認する。
  • ストレージの空き容量が十分あるか確認する。
  • YouTube側に問題が起こっていないか確認する。
  • どうやってもYouTubeアプリが更新できない場合は、契約している携帯電話会社のサポートなどに相談するか、新しいスマホに買い替える。

となります。

ぜひこの記事を参考にして、YouTubeアプリを更新できるように改善してみてください。

関連記事

参考

 

この記事を書いた人
筑波 遼(つくば りょう)

ガジェットをこよなく愛するフリーランスのエンジニア。できるだけわかりやすく、かんたんに解説するようにしています。

スポンサーリンク